試合情報

AWAY
京都サンガF.C.
京都
明治安田生命J2リーグ第42節
1117日(土) 14:03
Pikaraスタジアム
試合終了
2
1 前半 0
1 後半 0
0
  • 45'
    ジュニーニョ
  • 90+1'
    大野 耀平
HOME
カマタマーレ讃岐
讃岐

対象試合

日時 11月17日(土)14:03キックオフ
対戦相手 カマタマーレ讃岐
会場 Pikaraスタジアム

マッチプレビュー

今季最終戦を勝利で締めくくり、未来へ!

前節、京都サンガF.C.はジェフユナイテッド千葉に0-3で敗れ、今季のホーム最終戦を勝利で飾ることはできなかった。しかし、ボスコ監督が試合後にコメントしたように、今季最後の試合に集中して臨み、勝利で締めくくりたい。

対戦相手のカマタマーレ讃岐は現在最下位。この順位では来季のJ3降格が決定してしまうが、勝点で並ぶ21位のロアッソ熊本を上回って21位に浮上すれば、J3の結果によってはJ2残留の可能性もあるため、この一戦に全身全霊を注いでくるはずだ。対するサンガがすべきことは、ただひとつ。目の前の試合に全力に臨み、勝利を目指すことだ。

讃岐はこのところ4-4-2のフォーメーションで戦ってきたが、前節はディフェンスラインの前にアンカーを置く4-1-4-1を採用し、中盤の底でボールを絡め取り、攻撃の起点とする戦術を採用した。前線には正確なクロスボールを得意とする渡邉大剛や佐々木匠、決定力の高い原一樹がおり、速攻には要注意。サンガとしてはつなぐサッカーと、素早く前線に収めて攻撃の起点とするサッカーを巧みに使い分けながら、相手のプランの逆をつきつつ、勝機をうかがいたい。そして、相手への寄せ、球際の強さ、運動量など、すべてを上回ったうえで、選手個々のストロングポイントを発揮し、サンガが持つ真の力を示したい。讃岐には北野誠監督をはじめ、渡邉大剛、原一樹、田中英雄と、サンガゆかりの人物が在籍するチーム(麻田将吾も期限付き移籍中/今節の出場はなし)。両者の魂がぶつかり合う、2018シーズンの締めくくりにふさわしい素晴らしい試合を!