ニュース

2021.12.11
トップチーム

あんちゃんシーズンレポート(Part1)

京都サンガF.C.のある最高の週末がなくなり、寂しい気持ちになっていませんか?そこで今回から、京都サンガF.C.の2021シーズンを私なりに振り返っていきたいと思います。サンガ熱が冷めないようにこのレポートを読んでいただいて、一緒に振り返ってもらえればなと思います!それでは行きましょう。

 

1月20日(水)始動日、この日サンガタウン城陽のピッチの上で曺貴裁監督は選手、スタッフを前に、

 

 

‟京都サンガF.C.を明らかに変えたい”

 

‟世界に通用するようなチームにしたい”

 

とその溢れる情熱を私たちに届けました。まだ曺監督がどんな方なのか分からなかった私たちは、この日の曺監督の話に「言葉の力」を間違いなく感じました。そして、その後行われたトレーニングの様子に、その言葉が飾りものではないことを感じさせました。特に印象に残っているのは、経験豊富な李忠成選手がトレーニング後に「これは間違いなく強くなるね」と私に言っていたことです。

 

 

1月26日(火)沖縄キャンプスタート。個人的に思うことは、この沖縄キャンプでの成果が選手たちに自信を与え、自分たちがトライしていることに対して、大きな可能性を見出すきっかけになったと思います。トレーニングでは単純な走りのトレーニングなどはなく、チーム戦術、個人戦術を含めて求められる高い強度に、選手たちは肉体的にかなり追い込まれているようでした。ただそんな中でも、チームとして厳しいトレーニングに負けない前向きな雰囲気があり、チームの一体感を強く感じました。沖縄キャンプ中に思い出すのは川﨑颯太選手がトレーニングでの自身のプレーへの不甲斐なさから涙したことです。今思えばこの出来事が、今季大きな成長を遂げた川﨑選手のターニングポイントだったように思います。

 

 

ハードなトレーニングと有意義なミーティング、さらには、トレーニングマッチでJ1クラブ相手に圧倒する展開を作れたことが、これから開幕するリーグ戦へ最高の弾みとなりました。

 

 

そして迎えた2月28日(日)J2リーグ開幕戦。曺監督は、このような表現で選手たちに意気込みを伝えました。

「あきらめる」

 

あきらめるの語源は、「明るむ=明らかにする」だそうです。

「この先、不安な事や失敗は必ずあるけど、想像できないことを考えてもしょうがない。今分かっていることに集中して良い準備を重ねていこう。そうやって今、努力することを積み重ねて、できることを明らかにし、最後に俺たちはやれることはやり切ったと“あきらめられる”チームになろう。」と選手たちに伝えました。

 

 

この言葉に、先日のホーム最終戦セレモニーの時に石川隆司コーチが充実した表情で、「俺はもうやりきったぞ!」と言っていたことを思い出します。今思えば、明らかにし続けたシーズンで、“どうすれば成長できるのか?サッカー選手として、チームとして、そして人間として”。常に自分と戦い、明らかにしようと選手たちは努力し続けました。全員がやりきったと“あきらめられる”シーズンを送れたが分からないですが、私に目には誰もが成長を掴んだシーズンになったのではないかと思います。

 

 

初戦の強風吹き荒れるアウェイでの相模原SC戦を2-0で勝利し、キャンプでの手応えそのままに駆け抜けるかと思いますが、序盤戦でリーグ戦の厳しさを体感します・・・。続きは次回へ、ではまた^^

■あんちゃんレポート<バックナンバー>

●No.11/26)>>

●No.2(1/27)>>

●No.3(1/28)>>

●No.4(1/29)>>

●No.5(1/30)>>

●No.6(1/31) >>

●No.7(2/1)>>

●No.8(2/2)>>

●No.9(2/3)>>

●No.10(2/4)>>

●No.11(2/5)>>

●No.12(2/6)>>

●No.13(2/11~2/13)>>

●No.14(2/14)>>

●No.15(2/16~2/21)>>

●No.16(2/23~2/27)>>

●No.17(3/1~3/6)>>

●No.18(3/7)>>

●No.19(3/9~3/12)>>

●No.20(3/13~3/20)>>

●No.21(3/21)>>

●No.22(3/23~3/27)>>

●No.23(3/31~4/3)>>

●No.24(4/4)>>

●No.25(4/7~4/10)>>

●No.26(4/13~4/16)>>

●No.27(4/17)>>

●No.28(4/19~4/24)>>

●No.29(4/26~4/30)>>

●No.30(5/1)>>

●No.31(5/3~5/8)>>

●No.32(5/9)>>

●No.33(5/12~5/15)>>

●No.34(5/16)>>

●No.35(5/19~5/22)>>

●No.36(5/23~5/29)>>

●No.37(5/30)>>

●No.38(5/31~6/5)>>

●No.39(6/6~6/9)>>

●No.40(6/10~6/12)>>

●No.41(6/13)>>

●No.42(6/16~6/18)>>

●No.43(6/22~6/25)>>

●No.44(6/26)>>

●No.45(6/29~7/2)>>

●No.46(7/3)>>

●No.47(7/5~7/10)>>

●No.48(7/14~7/16)>>

●No.49(7/17)>>

●No.50(7/24~8/8)>>

●No.51(8/9)>>

●No.52(8/10~8/13)>>

●No.53(8/18)>>

●No.54(8/15~8/21)>>

●No.55(8/22~8/27)>>

●No.56(8/28)>>

●No.57(8/29~9/3)>>

●No.58(9/4~9/10)>>

●No.59(9/11)>>

●No.60(9/12~9/17)>>

●No.61(9/19~9/24)>>

●No.62(9/25)>>

●No.63(9/27~10/1)>>

●No.64(10/6~10/9)>>

●No.65(10/10)>>

●No.66(10/13~10/16)>>

●No.67(10/20~10/23)>>

●No.68(10/24)>>

●No.69(10/27~10/29)>>

●No.70(11/3)>>

●No.71(11/4~11/6)>>

●No.72(11/10~11/13)>>

●No.73(11/14)>>

●No.74(11/17~11/19)>>

●No.75(11/24~11/27)>>

●No.76(11/28)>>

●No.77(12/1~12/4)>>

●No.78(12/5)>>

■ライター(あんちゃん)紹介

京都サンガF.C.ブランドアンバサダー 安藤淳(あんどう・じゅん)

 

 

[プロフィール]

関西大学卒業後の2007シーズン、サンガに加入。2011シーズンの天皇杯は5試合に出場し、準優勝に貢献。2013シーズンまでサンガに在籍し、その後、セレッソ大阪、松本山雅FC、愛媛FCでプレー。2019シーズンにサンガに復帰し、2020シーズンは主将としてチームを牽引。ケガのため、2020シーズンを持って現役引退。

生年月日:1984年10月8日

出身地:滋賀県

☆オフィシャルTwitterでは、動画を投稿中!話題の 「#現場の安藤からです」はこちらから>>

 

この記事をシェアする