ニュース

2021.12.27
ホームタウン

【サンガ日記】障がいのある人たちの就労体験を実施しました

京都サンガF.C.では、障がいのある方々が生きがいや働きがいを持ち、自分らしく暮らしていくことのできる「共生」社会を目指すため、亀岡市内の障がいのある方々たちの就労体験としてホームゲームの運営業務に携わっていただいています。

 

2021シーズンは、4試合で就労体験を実施しました。

 

【就労体験実施日】

7/17(土)アルビレックス新潟戦、10/10(日)SC相模原戦、10/24(日)レノファ山口FC戦、12/5(日)ツエーゲン金沢戦

 

【体験内容】

●試合前の座席拭き

 来場されるファン・サポーターの皆さまが気持ちよくスタジアムを利用していただけるように、試合前に座席を拭いていただきました。

    

 

●配布物準備、サンプリングの実施

 入場ゲートで配られる配布物を事前にご準備いただきました。

 さらに、入場ゲートでのサンプリングをしていただき、来場されるファン・サポーターの皆さまの楽しみの1つである配布物をお渡しいただくことで、より試合観戦を楽しんでいただけるように活動をしていただきました。

    

 

京都サンガF.C.では、今後も引き続きお互いを尊重して支え合える「共生」社会を目指した社会貢献活動を行ってまいります。

この記事をシェアする