ニュース

【サンガ日記】城陽市久世校区「第26回左義長(とんど焼き)」に京都サンガF.C.U-18選手が参加しました!

2023/1/18| 活動紹介 ホームタウン SDGs

1月15日(日)、城陽市立久世小学校で3年ぶりに地域行事の「第26回左義長(とんど焼き)」が開催されました。

久世小学校区内には選手寮「RYOUMA」が所在しており、当日は京都サンガF.C.U-18の選手19名が参加し、地域の親子連れなど約200名の皆さまとともに1年の無病息災を願いました。

選手たちは地域の方々とともに、左義長の組上げにも携わりました。

開会式を経て左義長に点火されると、大きな炎とともに煙が空にのぼっていく様子は圧巻でした。



左義長点火後には、U-18を代表して2年生の奥慎之介選手が皆さんからの声援を受け、キックターゲットの初蹴りを実施。

その後は、コマ回しや羽根つき、輪投げやけん玉などの昔遊びコーナーやキックターゲットなどの各コーナーの運営に選手が参加しました。



それぞれのコーナーは列ができるほど、多くの子どもたちで賑わいました。

いつもお世話になっている城陽の皆さま、楽しい時間をありがとうございました!


京都サンガF.C.では、地域と共に歩むクラブを目指して、これからも地域密着活動を積極的に行ってまいります。


関連ニュース

サポートカンパニー(HOMETOWN)一覧