ニュース

2015.08.20
トップチーム

今日のサンガタウン

朝晩には涼しさを感じるようになった京都。

お盆の帰省ラッシュも過ぎた1617日、チームは2日間のオフをとりました。

 

ケイスケは久しぶりに実家に帰ってゆっくり、ビツは家族サービス、フェホは、1日目は家でゆっくり、2日目はスーツの採寸や各種手続き。

監督は振り返りビデオの作成やチームのことで休む暇なし、足立マネージャーは家でぐったり。

オフの過ごし方はさまざまですが、あっと言う間に過ぎてしまったようです。

 

オフ明けの819日(水)は、曇り空で過ごしやすい天候。

多くのファン・サポーターに見守られながら、走るメニューからスタートし、またいつもの練習風景が戻ってきました。

 

ケイスケは「2連休のあとの練習はきついけど、たまの2連休がありがたい」と笑顔。オフがいいリフレッシュになったようです。

 

ハーフピッチでの66+GKでは、守備の意識を高める中、攻撃陣はスペースのない中でも打開し、シュートを放っていきました。

 

この練習で一番多く点を決めていたのは、前節大分戦で13ゴール目を決め、得点ランキング単独2位をマークしたオグリ。

 

オグリはオフ明けからパワフルにどんどんゴールを決め、さらに全体練習後にもシュート練習。

クロスボールに飛び込むオグリのヘッドやボレーが、次々にゴールネットを揺らしていました。

アリ
リキ
run
ユウタ
ヨシアキ
オグリ
フェホ
ショウゴ
ナミル
ケイスケ
全体練習後

この記事をシェアする