ニュース

2015.05.01
試合情報

【明治安田J2第11節vs.群馬プレビュー】鯉のぼり泳ぐ西京極でホーム連勝し、上昇する!

前節C大阪との関西ダービーは、14,631人を集めたキンチョウスタジアムに、京都からも多くのサポーターが詰めかけ、2,000人収容のアウェイ応援席を埋め尽くした。ボールを奪ってチャンスを作るサンガだったが、チャンスに決めきれず、フォルランにPKで先制を許してしまった。さらに、フォルランが蹴ったFKがゴールに吸い込まれ0-2。2点を追いかけるサンガは、後半19分に退場者を出してしまい、再びPKでフォルランに3点目を献上。一人少ない中でゴールを奪いにいくが、3点のビハインドを覆すことはできなかった。中3日でホーム戦を迎えるサンガ、ここで下を向いている暇はない。5連戦の3試合目、コンディションをアップし、目の前の一戦での勝利へ向けてファイトする。ゴールデンウィークで多くのファン・サポーターがスタジアムに足を運んでくれる中で、ホーム連勝を成し遂げたい。
 
今節対戦するのは群馬。昨シーズンは14勝7分21敗で18位の成績で終えた。服部浩紀新監督を迎え、攻撃的なブラジル人選手を補強。エースとして期待され開幕から3試合連続スタメンを張った大型FWタンケはケガで長期離脱している。今シーズンはここまで3勝2分5敗。ここ3試合では2勝1敗で、第8節ではC大阪から小林竜樹が2ゴールを奪い、逆転勝利している。第9節の東京V戦では、後半アディショナルタイムに2ゴールを許し敗戦したが、前節の讃岐戦では、開幕からフル出場を続けるキャプテンの松下裕樹の先制点が決勝点となり、10節で待望のホーム初勝利を手にした。
 
これまでの対戦成績は10勝3分3敗。昨シーズンは1勝1敗で、西京極では、ダニエル ロビーニョにダメ押し点を決められて悔しい思いをした。群馬でチーム最多の14ゴールをマークしたダニエル ロビーニョにとっては初の古巣対戦となる。試合を前にダニエル ロビーニョは、「群馬が僕を活かしてくれたおかげで今自分はここでプレーできている。サンガでの初ゴールを群馬相手に決めることができたら最高」とシュートに思いをのせる。
 
それぞれの思いを抱き、ゴールを狙い続ける攻撃陣。チームを勝利に導くゴールに期待が高まる。今シーズン、ホームで1ゴールをマークしている有田をはじめ、先週、ホーム初勝利を決めるゴールでいい感触の残る宮吉や得意のドリブルで相手を崩す伊藤。そして、先週の西京極ではベンチを温め、ゴールに飢えている大黒にも期待がかかる。大黒は、「ボールが来たら、マークを外して決める!」と、自らの仕事をやり抜く。
 
試合前には、ゴールデンウィーク恒例となった"大鯉のぼり送り競争"を開催。鯉のぼり泳ぐ西京極でホーム連勝を決め、上昇していきたい。

 2015明治安田生命J2リーグ 第11節
日時 2015年5月3日(日・祝)14:00キックオフ
対戦 京都サンガF.C. vs. ザスパクサツ群馬 
会場 西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
【アクセス】http://www.sanga-fc.jp/game/stadium/index/
開場 【場内】ファンクラブ会員先行入場11:30~55/一般12:00
【場外】サンガフレンズスクエア、飲食・グッズ・当日券販売11:00

ホーム連発を狙う宮吉。
「(C大阪戦では)何もやらせてもらえなかった。積極的に絡んで自分の良さを出したい」と群馬戦へ向けて意欲を語る和田。
前節のホーム戦(北九州戦)では宮吉のヘディング弾をアシストした石櫃。再現を期待したい。

この記事をシェアする