ニュース

2015.05.29
試合情報

【明治安田J2第16節vs.熊本プレビュー】ホームで連勝し、上昇気流に!

前節水戸戦でおよそ1か月ぶりに勝利をつかんだサンガ。試合に挑むにあたり、選手たちだけで話し合う機会を持ち「変化」を試みた。その中で自分たちの力で手に入れた勝利は、選手たちに大きな自信をもたらせた。苦しい状況はまだ変わらないが、勝てたことで引き出されたいい雰囲気で連勝をつかみ、巻き返しを狙いたい。
 
今週のサンガは、選手たちが継続してピッチで声を掛け合い、コンビネーションをアップ。全員で勝利をつかみにいくという意志がプレーに反映されるいい雰囲気があった。前節無失点に抑えることに成功した守備をさらに充実させながら、柔軟に対応できるよう様々な形をトライ。暑さが増す京都でトレーニングを重ねた。
 
今節対戦するのはロアッソ熊本。昨シーズンは13勝15分14敗で13位の成績。小野剛監督2年目のシーズン、築き上げてきたベースに、メンバーを入れ替え、ストロングポイントを加えてJ1昇格へチャレンジしている。ここ5試合の戦いぶりは、1勝3分1敗。前節は、C大阪を相手にホームでスコアレスドロー。J2屈指の攻撃陣を相手に失点ゼロに抑えている。ここ2試合勝利はないものの、勝点1を積み、最下位を脱出。チーム最多の5得点をマークしているFW齊藤和樹や元日本代表のFW巻誠一郎が前線でチャンスに絡み、J3降格圏脱出を図る。
 
これまでの対戦成績は6勝1分1敗で、サンガはここ3年、熊本に負けていない。昨年はエース・大黒がハットトリックをマークするなど、大勝している。前節水戸戦では右足ボレーとヘッドで1点ずつ決め、のっている大黒のチームを勝利に導くパフォーマンスに期待。相手がブロックを組む前に攻撃チャンスを作って試合をモノにしたいところだ。守備では完封勝利で自信を得たゴールキーパーの山田をはじめ、古巣対戦で気持ちの入る菅沼の粘り強い守備にも期待したい。
 
前節プロ初スタメンを果たした奥川は、初スタメンとは思えない存在感あるプレーで、ゴールまであと一歩と迫った。チャンスを決めきれなかった悔しい思いを込め、貪欲に狙うゴール。サッカー人生の中でたった一度だけの貴重なシーンとなるプロ初ゴールの瞬間をホームデビュー戦で、西京極に集まるファン・サポーターの前で決めることができるのか、注目が集まる。
 
また、昨シーズン、群馬在籍時に熊本から得点を奪っているダニエル ロビーニョは対戦を前に、「(熊本は)厳しくマークしてくるし、簡単な相手ではないが、今までに点をとったことがあるというのはやりやすい面もある。愛媛戦もそうだったし、今回もそうなれば」とゴールを狙っている。ここまでフル出場を続けるDFクォン・ハンジンとは元チームメイト(群馬在籍時代)。互いの特長も熟知していることからその駆け引きにも注目。ダニエル ロビーニョの得点に絡む動きにも期待が高まる。
 
今節、ホームで連勝を決め、上昇気流に乗りたい。

 2015明治安田生命J2リーグ 第16節

日時 2015年5月31日(日)13:00キックオフ
対戦 京都サンガF.C. vs. ロアッソ熊本 
会場 西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
【アクセス】http://www.sanga-fc.jp/game/stadium/index/
開場 【場内】ファンクラブ会員先行入場10:30~55/一般11:00
【場外】サンガフレンズスクエア、飲食・グッズ・当日券販売10:00
愛媛、水戸とのアウェイ連戦は1勝1敗。シーズン中盤へ向けて勢いをつけるためにも熊本戦は絶対に落とせない。
「運動量をあげて、攻守ともにアグレッシブさを出していきたい」と熊本戦へ向けてコメントした駒井。パフォーマンスに期待がかかる!
西京極デビューが期待される奥川。「チャンスがきたらしっかりと決めたい」と意気込む。

この記事をシェアする