ニュース

2015.05.15
試合情報

【明治安田J2第14節vs.愛媛プレビュー】アウェイで主導権を握り、勝点3を積む!

連戦最後となった前節・東京V戦は、前半31分に先制を許してしまった。反撃するサンガは後半37分、伊藤のクロスを頭で合わせ、ダニエル ロビーニョが待望の移籍後初ゴールを生み、追いついた。流れを引き寄せ、逆転まであと一歩とゴールに迫ったが、1-1のドローで勝点1を積み上げるにとどまり、タフな5連戦を終えた。
 
今週のサンガは日程の関係で1日多くなった練習日にトレーニングマッチ(vs.関西大学)を組み、実践の中でトライし、課題を確かめ修正をした。今節からアウェイが2戦続くサンガは、このアウェイ連戦を制して、いい流れでホーム戦を迎えたい。
 
今節対戦するのは愛媛FC。昨シーズンは12勝12分18敗で19位の成績。木山隆之監督就任1年目のシーズン、ここまで5勝2分6敗で11位につけている。4月には4連勝をマークし勢いを見せたが、ここ4試合は勝利がない。ゴールを守るのは元サンガの児玉剛。ここまで全13試合にフル出場し、6試合を無失点で抑えている。
 
昨シーズンの対戦成績は、ホーム・アウェイともスコアレスドローで互いにゴールを奪えていない。今年は開幕前のトレーニングマッチで、有田がサンガの今年初のゴールを決めるが、1-6でサンガが敗れる結果となった。昨シーズン愛媛を指揮し、サンガに帰ってきた石丸ヘッドコーチや平井GKコーチをはじめ、原川、有田らが、古巣へ気持ちの入る一戦となる。
 
中でも愛媛時代に14得点を挙げ、経験を磨いた有田は、愛媛との対戦を前に、関西大学とのトレーングマッチで猛アピール。前からの守備の意識も高く、ハットトリックを決めてゴールへの思いを見せつけた。また、昨シーズン愛媛で10番を背負った原川は、「愛媛にいたのは1年だけだったけど、すごく好きになって、オフには地元山口だけじゃなく、愛媛にも帰りたいと思うし、愛媛で応援してくれた人たちに今のプレーを見てもらいたい。サンガの選手として勝って、チームがよくなるきっかけにしたい」と、ニンスタでのプレーを楽しみにする。また、試合当日は菅沼の誕生日。勝利し、ファン・サポーターと喜びを共にすることができれば最高の1日となる。
 
副キャプテンの駒井は、「愛媛はチームとしてまとまっているイメージがある。そういう相手とやるのは難しいが、それを上回れるように、攻撃も守備もアグレッシブに、前半から主導権を握る戦い方をしたい」とチームを引っ張る。
 
ここ2戦ドローで勝点1ずつの積み上げとなっているサンガ。先制点を奪って主導権を握り、勝点3を積みたいところ。ゴールを守る山田は、「苦しい時間帯でいかに粘り強く守備できるか、集中を切らさないようにしたい」と引き締め、失点ゼロに抑えてチームを勝利に導く。
 
アウェイで勝ちきり、チームの流れを好転させたい。

***************************************************************************
【2015明治安田生命J2リーグ第14節】
■日時:2015年5月17日(日)16:00キックオフ
■対戦:愛媛FC vs. 京都サンガF.C.
■会場:ニンジニアスタジアム
《アクセス》 http://ehimefc.ecgo.jp/page0149.html 
**************************************************************************
古巣・愛媛との対戦を控える原川。「チームがよくなるきっかけをつかみたい」と勝利のみを見つめている。
愛媛戦当日は菅沼のバースデー!勝利でお祝いしたい!
元愛媛勢のひとり、伊藤も「(愛媛は)お世話になったチーム。いいモノを見せたい」と意気込む。

この記事をシェアする