ニュース

2012.06.30
トップチーム

後半戦に向け活気あるトレーニング



6月29日(金)晴れ。午後4時、夕方とはいえ日差しがきつく暑いサンガタウン。



試合2日前、岡山戦に向けて活気あるトレーニングが行われました。



 



まずは、コート縦半分を使って、人形を立ててパス練習。



 



次に、ボール回し。「どこでパスを出すのか、どこでボールを奪えるのか、テクニックを磨け!」と大木監督。暑さの中、こまめに給水を取りながら練習が進められました。



 



16時45分、ゴール前での練習。早いクロスにシュートを打っていく選手たち。練習に合流したミヤとサヌもゴールを決めていました。



 



17時10分、セットプレーの練習。守備と攻撃の両方の確認をみっちり1時間かけて行い、18時15分、全体練習終了。



 



その後、日が暮れるまで自主練習を続ける選手たち、そして、それに付き合う監督・コーチ陣。AFC U-22選手権予選U-19日本代表メンバーに選出されたダイチとユウヤも残って練習していました。



 



前半戦を7位の成績で終えたサンガ。首位との勝点差は5。



チーム一丸となって後半戦に突入します!

前回岡山戦でゴールを決めたコウヘイに期待!
昨年岡山からゴールを奪ったアツに期待!
ボールを奪いにいく!
今季7ゴール目を狙っているハラカズキ
後半戦に向け気持ちが入る!
「後半戦一発目の試合が大事」byミッチー
ゴールを守るミズ&ダイチ
居残って練習を続けるウヨン
日が暮れるまで練習に付き合う大木監督

この記事をシェアする