ニュース

2011.12.07
トップチーム

天皇杯に向かって

リーグ最終戦を終えて、向かうのは天皇杯。鹿島に勝つために、今日は、1対1のトレーニングを中心に行いました。

 

ウォーミングアップのあと、2人組みになり、1対1でボールキープ。時間を切って、次々に相手をチェンジしてトレーニングしていきました。

 

次に、ミニコートで、ゴールキーパを置いて、1対1。攻撃するほうは、ドリブルをしてシュートまで。ディフェンスに入ったミヤが、相手からボールを奪うとすぐに攻撃に切り替え、キーパーをかわしてゴールを決めるプレーで、観客を魅了していました。

 

次に、コート半分を使って、サイドから1対1でシュートまで。最後は、攻撃1枚に対し、ディフェンスを2枚に増やして、2対1の状況を作ります。常に声をかけ、プランをもって守ることを意識して行われ、11時45分、全体練習を終えました。

 

契約満了の選手が発表されたことについて、大木監督は、「いろいろな気持ちはあるが、何も変わらずにやることが彼らに対する礼儀だと思うし、最良のことだと思う」とコメント。チームはひとつになり、天皇杯のタイトルに向かっています。

 

今日は、グラウンドにソメ、ウヨン、アンちゃんが元気な顔を見せました。

ソメ、グラウンドに出てゆっくりランニング
1対1 シンゴVSソンヨン
高いキープ力を見せるアツ
ユウタVSコウヘイ
実践しながら選手たちにアドバイスする大木監督
スピードでゴールを目指すタイスケ
2対1
トップチームに昇格したGK杉本大地
「大丈夫」と天皇杯に向けて別メニュー調整するウヨン

この記事をシェアする