ニュース

2011.04.28
試合情報

【J2第9節 vs 栃木プレビュー】ホーム開幕を白星で飾ったサンガ、次はアウェイ初勝利を目論む

 ホーム開幕戦を制した勢いを持って栃木に乗り込む。

 前節、サンガは西京極で岡山を2-1で撃破。2種登録の高校生プレ―ヤー、久保裕也がデビュー戦でいきなり初ゴールを決めて宮吉拓実の持つクラブ最年少得点記録を塗り替えると、弱冠20歳の中村充孝も今季リーグ戦初出場で初得点を決めるなど、若武者たちが躍動した。「ボールが回っていたとは思いません」と大木武監督が振り返ったように課題も出たが、新監督を迎えてからまだ2試合目。勝利を積み重ねながら、修正点を一つひとつ改善していけばいい。

 栃木とは今回が初対戦となる。ビデオで栃木の試合を見たという大木監督は「縦に速くボールを入れてくる印象がある」と語る。ボールポゼッションからパスのコンビネーションで相手を揺さぶるサッカーを志向するサンガにとって、縦に速いダイレクトプレーをねらってくるチームは警戒しなければいけない相手。「状況によるが、相手に応じて打開する力を付けないといけない」と指揮官も力を込める。

 中盤で攻撃にアクセントを加える中村充は自信を覗かせる。「栃木のビデオを見て、自分たちがやってきたことをやれれば問題ない。どんどん自分から攻撃に絡んでいきたい」と栃木を倒すためのイメージを膨らませている。岡山戦で垣間見せたような、創造性に溢れたアグレッシブなプレーで攻撃陣を牽引したい。

 前線と守備陣をつなぐ重要な役割を担う安藤淳は「栃木は思っていたより攻撃に迫力がある印象。何人か一緒にプレーしていた選手がいるし、個の能力は高い」と気を引き締める。岡山との激しい試合で「ああいう試合を勝っていかないと優勝、昇格は見えてこない。いい教訓を得た試合だった」と改めてJ2を勝ち抜いていく厳しさを肌で感じた。勝利をつかむためには、サッカーの基本となる部分で手を抜かないことが求められるが、「中盤でセカンドボールをどっちが拾うか大事になってくる」と泥臭い役割も厭わない。

 栃木戦で今季アウェイ初白星を飾り、連勝街道を突き進む足がかりとしたい。


4月30日(土)J2 第9節 vs 栃木SC
栃木県グリーンスタジアム 13時00分キックオフ!

*********************************************
《テレビ放送予定》

【生中継】
スカイパーフェクTV! 12:50〜 185ch
【録画中継】
●とちぎテレビ
*********************************************
試合当日、観戦できない方は『京都サンガF.C.オフィシャル携帯サイト』で試合情報をチェック!!

臨場感に溢れた文字速報を試合開始から終了まで配信。気になる最新の試合情報や、監督・選手コメント、試合のハイライト写真なども毎試合お届けしています。また、試合中には試合速報メールも配信中!これで外出先でもサンガの試合情報を逃さずゲットできます!
★『京都サンガF.C.オフィシャル携帯サイト』へのアクセス方法はこちら>>>
*********************************************

この記事をシェアする