ニュース

2010.11.22
試合情報

【J1第32節vs山形プレビュー】プライドを胸に、戦い続ける!

「応援しているサポーターのためにもチーム一丸となって最後まで闘う」と誓い、ホームでの一戦に臨んだ前節大宮戦。J1残留という道が閉ざされた以上、その現実をしっかり受け止め、プロとしての意地を何としても見せたかった。しかし、警戒していた相手のセットプレーから失点してしまうと、リズムを立て直すことができず勝利を挙げることは叶わなかった。

この試合、サンガにチャンスがなかったわけではない。ただ「自分たちで攻撃のチャンスを逃してしまっている」と中山が試合後語ったように、簡単なミスで絶好の機会を取り逃がしてしまったのは悔やまれるところだった。秋田監督もハーフタイムには「一人ひとりがもっと責任感をもってプレーすること」と厳しい指示を飛ばした。1点でも返せば流れは傾くかもしれない・・・誰よりも信じて疑わなかったのは指揮官だった。秋田監督の熱いメッセージはこの試合での勝利を呼び込むまでには至らなかったが、後半のプレー内容は悪いものではなかっただけにその想いは選手たちの胸に響いたことだろう。メンタル的な面において今は難しい部分もあるかもしれないが、気持ちを切り替え今後の試合を戦い抜きたい。

前節から中2日という過密スケジュールの中行なわれる今節は、敵地で山形との一戦に臨む。小林伸二監督率いる山形は、現在10勝7分14敗の14位につけており、J1残留に向けひとつの試合も落とせない状況が続いている。とはいえ、チームとしてのポテンシャルは十分にあり、一丸となって戦う姿勢や前線に構えるFW田代有三や北村知隆の決定力は脅威となるだけに、警戒が必要だろう。今季リーグ戦で対戦した際には、ホームで悔しい敗戦を喫しており、サンガとしては是が非でも借りを返したいところだ。

リーグ戦もあと3試合となった。選手たちはすでに次なる戦いを見据える。水本は「しっかりコンディションを整えて全力で戦っていきたい」と意欲を見せ必勝を誓った。

長丁場に及んだ戦いも終わりを告げようとしている。どんなに苦しいときも必死に声援を送り続けたサンガサポーターの存在は、常に大きな力となった。その“12番目の選手”の期待に応えるためにも、敵地で勝ち点3を奪い取ろう。

11月23日(火)J1 第32節 vs モンテディオ山形
NDソフトスタジアム山形 19時30分キックオフ!

*********************************************
《テレビ放送予定》
【生中継】
スカイパーフェクTV! 19:20〜 180ch

*********************************************
試合当日、観戦できない方は『京都サンガF.C.オフィシャル携帯サイト』で試合情報をチェック!!
試合直前の選手・監督コメントをオフィシャル携帯サイトで公開中!
臨場感に溢れた文字速報を試合開始から終了まで配信。気になる最新の試合情報や、監督・選手コメント、試合のハイライト写真なども毎試合お届けしています。また、試合中には試合速報メールも配信中!これで外出先でもサンガの試合情報を逃さずゲットできます!
★『京都サンガF.C.オフィシャル携帯サイト』へのアクセス方法はこちら>>>
*********************************************

この記事をシェアする