ニュース

2010.11.18
試合情報

【J1第31節vs大宮プレビュー】ラスト4試合。サンガを応援してくれるサポーターのために。

前節、負ければJ2降格が決まるサンガは、大きなプレッシャーの中、アウェイの環境の中で思うようなパフォーマンスが出せない。ハーフタイムで「何を怖がっているんだ、プロとしてしっかりと闘え!」と秋田監督が一喝。後半、盛り返したものの、ゴールを決めることができなかった。

残留の望みが途絶え、試合後「不甲斐ない結果となり、サポーターの皆さんに申し訳ない」と静かに語った秋田監督。京都に戻り、ミーティングでは「残りの試合、自分たちを応援してくれているサポーターのために頑張ろう。来年ここに残るもの、出て行くものもいるが、それぞれのためにも、今までやってきたことを見せよう」と話した。サンガタウンでは、ディエゴ、ドゥトラが落ち込むチームの雰囲気を明るく盛り上げ、FW陣は何度もシュートを打ち、ゴールの感触を確かめていた。このメンバーで戦えるのは、あと4試合。サポーターへの感謝の気持ちをサッカーで見せたい。

対戦するのは、今季3度目の対戦となる大宮(ナビスコカップ△1-1、リーグ戦●1-2)。現在勝点34で14位につけている。17位サンガ、18位湘南の降格が決まり、残る降格クラブは一つ。J1残留をかけた激しい戦いの中で予断を許さない位置にいる。前節名古屋戦は、序盤にCKから失点するが、一瞬の隙をついてFWラファエルのポストプレーに好調のFW石原が今季8ゴール目を挙げ同点に追いつく。しかし、前半終了間際にFKから失点、さらにMF李浩が退場となり数的不利に陥る。だが、首位名古屋の攻撃を最小点差で食い止めた(●1-2)。

水曜日に行われた天皇杯4回戦では、メンバーを大幅に入れ替えて戦い、大宮ペースで試合を進めたが、諦めない福岡に2-2にされ、延長戦に突入。120分間でも決着がつかず、PK戦でJ2の福岡が勝ち上がった。中2日で西京極に乗り込む大宮。1ヶ月で7連戦の過密日程を強いられ、コンディション調整が難しい状況。MF金澤がケガ、MF藤本が出場停止となる。

大宮戦を前に秋田監督は、「体がしっかりと起きた状態でできるナイトゲームのほうが自分たちのパフォーマンスが出やすい。もう失うものは何もない。ホームなので思い切って、自分たちの持っているものをすべて出したい」と語る。

ここまで全試合に出場してきた水本は、「周りが何と言おうと、僕たちは諦めていなかった。残り5試合に全部勝って…という気持ちがあったけれど、それができなくなってショックが大きい。全試合に出させてもらって、常々責任を感じていた。残りの4試合は、これから先のサンガにとって大事な試合になる。昇格して振り返ったときに、ああいう悔しさがあったから今があるんだと思えるように、最後までしっかりやって来季につなげたい」と、残る試合への思いを語った。

残り4試合、ホームで戦えるのはあと2試合。思いを込めて、ホームで勝利を!

11月20日(土)J1 第31節 vs 大宮アルディージャ
西京極総合運動公園陸上競技場 19時30分キックオフ!

*********************************************
《テレビ放送予定》
【生中継】
スカイパーフェクTV! 19:20〜 183ch

KBS京都 19:30〜
*********************************************
試合当日、観戦できない方は『京都サンガF.C.オフィシャル携帯サイト』で試合情報をチェック!!

臨場感に溢れた文字速報を試合開始から終了まで配信。気になる最新の試合情報や、監督・選手コメント、試合のハイライト写真なども毎試合お届けしています。また、試合中には試合速報メールも配信中!これで外出先でもサンガの試合情報を逃さずゲットできます!
★『京都サンガF.C.オフィシャル携帯サイト』へのアクセス方法はこちら>>>
*********************************************

この記事をシェアする