ニュース

2010.09.30
試合情報

【J1第25節vs広島プレビュー】ラスト10ゲーム。目の前の一戦に集中!

前節磐田戦は、開始早々に痛い失点を喫し、その後サンガがボールを支配するが得点を奪えず、勝点を伸ばすことはできなかった。最下位の湘南が引き分けたため、順位は17位をキープしたが、勝点は最下位と並ぶ厳しい状況。残留圏の15位神戸とは勝点差8に広がった。だが、チームは下を向くことなく、前節での反省点を頭に、90分集中を切らすことのないようトレーニングに打ち込んでいる。不用意なミスや失点を避け、得点に結び付けたいサンガ。自分たちで今の状況を打開すべく、まずは目の前にある一戦に力を注ぎたい。

今節対戦するのは、勝点35で10位の広島。9ゴールを挙げているエース佐藤寿人はケガで離脱中。ケガ人が多く厳しいチーム状況だが、出場したメンバーが力を発揮し、李忠成がリーグ連続ゴール。さらには、水曜日のナビスコカップでも得点を決め、絶好調。試合は清水相手に2-1で、初の決勝進出へ向け大きな勝利を挙げている。中2日のスケジュールはサンガにとって有利な条件となるが、広島らしいサッカーで勝利を収め、チームは勢いを増している。

広島とは8月1日に対戦し、0-3でサンガが敗れている。秋田監督は「広島は堅く守ってポゼッション率の高いチーム。うちは、やろうとしていることが変わってきているので、どこまで通用するのか、今やっていることをトライしていきたい。残留目指して全部勝つつもりでやる」と力強く語った。サンガは久しぶりのデイゲームとなるが、運動量では絶対に負けるわけにはいかない。強いメンタリティでハードワークして勝利をつかみたい。

8月に入ってから頻繁に起用されるようになった中村充。途中投入されると、相手プレスに合いながらも、ドリブルで攻撃にアクセントをつけるプレーを見せている。磐田戦を振り返り、「厳しく崩しに来られたが、できるという手ごたえを感じたし、チャレンジしていきたい」と語り、耽々とゴールを狙っている。

ケガから復帰し、前節久々のベンチ入りとなった鈴木。スタンドではいつも「とにかく勝ってくれ。がんばれ」と祈る気持ちで試合を見ていたという。「プレーしなくてもチームの力になれることはある。3勝すれば、そこから自信にもつながって、また展開も変わってくる。勝利に導くプレーをすることが一番の恩返しだし、グラウンドの中で少しでも力になれるようにがんばりたい」とチームへの熱い気持ちを語った。

残るは10試合(ホーム5試合)。チーム一丸、残留に向けてまずは今節、勝点3の積上げを!


10月2日(土)J1 第25節 vs サンフレッチェ広島
西京極総合運動公園陸上競技場 13時00分キックオフ!

*********************************************
《テレビ放送予定》
【生中継】
スカイパーフェクTV! 12:50〜 182ch
【録画】
KBS京都 19:00〜 34ch

《ラジオ放送予定》
【生中継】
KBSラジオ 13:00〜 1143khz
*********************************************
試合当日、観戦できない方は『京都サンガF.C.オフィシャル携帯サイト』で試合情報をチェック!!

臨場感に溢れた文字速報を試合開始から終了まで配信。気になる最新の試合情報や、監督・選手コメント、試合のハイライト写真なども毎試合お届けしています。また、試合中には試合速報メールも配信中!これで外出先でもサンガの試合情報を逃さずゲットできます!
★『京都サンガF.C.オフィシャル携帯サイト』へのアクセス方法はこちら>>>
*********************************************

この記事をシェアする