ニュース

2010.08.13
試合情報

【J1第18節vsC大阪プレビュー】後半戦スタート! 関西対決で勝利を!

前節の新潟戦は、いい形でボールを奪いながらも、決定機を決めきれず0-2で敗れたサンガ。だが、すぐに切り替え、前を向く選手たちの姿がある。今週は天候の影響で練習に変更も生じたが、チームはハードなトレーニングで体力アップを図ると同時に、室内ミーティングやグラウンドで、場面ごとの判断に対しての細かな確認作業をしっかりし、勝利に向けて全力を尽くしている。秋田監督は、「色々な状況の中で気持ちが上下し、プレッシャーがある中で、悪い判断をしてしまうことがある。そういうことのないように、どういう状況でもいい判断ができるようトレーニングしておかなければいけない」とトレーニングに力を注ぐ。

一日一日のトレーニングの成果が出てくれば自ずと勝利も見えてくるだろうが、早急に結果を求められる厳しい状況。いよいよ後半戦スタートとなる今節、サンガはC大阪をホームに迎え、同じ関西勢として負けられない戦いとなる。残る17試合、一戦一戦、勝点を積み重ねていかなければならないサンガ。グラウンドでは、「自信を持て!」という秋田監督の声が飛んでいる。今節、負のスパイラルから抜け出し、続く連戦に向けて、勝利で自信をつかみたい。

対戦するC大阪は4年ぶりにJ1復帰し、サンガ相手に今季初勝利を得ると、勝点を積み重ね、勝点27の6位で折り返した。得点源のMF香川が移籍し、FWアドリアーノがケガ。ケガのGKキム ジンヒョンに代わり、前節GK松井が出場している。ホーム「キンチョウスタジアム」のオープニングゲームとなった前節(VS川崎)は、互いにゴール前の攻防を繰り広げてスタジアムを沸かせたが、ゴールネットを揺らすことはできず、勝点1をプラスした。C大阪は、才能ある若手選手がポジションを任され、のびのびとプレーし、勢いがある。攻守のバランスも良く、今節も勝ちに行くサッカーで前へ前へと攻めてくるだろう。サンガは最後まで全員が気持ちを切らすことなく戦い、勝利につなげたい。

サンガのディフェンスラインを守る水本は、「セレッソは攻撃力があるが、その分、後ろが手薄になるので、決めるべき時に決めれば、うちにもチャンスがある。キーパーが松井なので、同年代の3人のうち、誰かが決めたい」と、元チームメイトが守るゴールを割って勝利することを楽しみにしている。

サンガも、若手選手が存在感を発揮し始めている。加藤は、「若い選手が勢い付いているチームは強いので、うちも若手選手同士で頑張らないといけないと話している。先週、今週とハードなトレーニングをしているが、そのほうが体もよく動くし、あとは、結果を出すだけ。試合に出られない間、悔しい気持ちを持ち続けていたので、期待に応えたい」と一戦にかける思いが強い。

C大阪との今季戦績は一勝一敗(リーグ戦 ●1-3、ナビスコカップ ○2-1)。互いにホームで勝利をつかんでいる。

関西バトル。こんどはホームのサンガが勝利をもらう!


8月15日(日)J1 第18節 vs C大阪
西京極総合運動公園陸上競技場 18時00分キックオフ!

*********************************************
《テレビ放送予定》
【生中継】
スカイパーフェクTV! 17:50〜 ch183
KBS京都 18:00〜
*********************************************
試合当日、観戦できない方は『京都サンガF.C.オフィシャル携帯サイト』で試合情報をチェック!!

臨場感に溢れた文字速報を試合開始から終了まで配信。気になる最新の試合情報や、監督・選手コメント、試合のハイライト写真なども毎試合お届けしています。また、試合中には試合速報メールも配信中!これで外出先でもサンガの試合情報を逃さずゲットできます!
★『京都サンガF.C.オフィシャル携帯サイト』へのアクセス方法はこちら>>>
*********************************************
チームの大黒柱・柳沢敦選手(左)と守備の要・水本裕貴選手(右)。両選手の活躍にも期待がかかる
秋田監督就任後初勝利をねらうべくホームでC大阪との一戦に臨むサンガ。勝利を収め浮上のきっかけを掴みたい
入念に話し合う監督と選手たち。チーム一丸となり貪欲に勝利を奪い取る!

この記事をシェアする