ニュース

2009.06.06
試合情報

【ナビスコカップ第6節vs千葉プレビュー】アウェイの圧力に打ち勝て!

前節ナビスコカップFC東京戦は、頼れるエース柳沢の復活ゴールで湧いた西京極。しかし、勝ち点1にとどまり(1-1)、決勝トーナメント進出の望みは消えてしまった。今節は、同じく予選リーグ敗退が決まった千葉との対戦となる。千葉とは今季2度目。前回5月17日 西京極での対戦では、パウリーニョの2得点でサンガが勝利(2-1)。今回は、アウェイでの戦いとなる。

今週サンガはフィジカルと判断力を鍛えるため、びわこ成蹊大との練習試合を組んだ。得点を挙げた豊田(3点)、中村充(1点)、そして、左サイドからどんどん仕掛けていった中村太など、それぞれの良さをアピールした選手たち。加藤監督は、試合の中で様々なポジションや組み合わせを試し、手応えをつかんだ様子。「千葉は全員がハードワークし、簡単に勝てるチームではない。勢いのある選手を使って、アウェイだが勝ちにいく。昨シーズン、フクアリ(フクダ電子アリーナ)でしたような試合はやらない」と、アウェイでの厳しい戦いを前に、アグレッシブに勝負にいく姿勢を見せた。

古巣・千葉をよく知る佐藤は、「フクアリの雰囲気はジェフのストロングポイント。そのスタジアムでできる喜びを噛み締めながら戦いたい。ジェフは前回対戦をイメージしながら臨んでくると思うので、あのとき以上のプレーを見せたい」と語った。

同じく古巣対戦となる水本は、「前回対戦のいい流れを持ち込みたい。移籍してからフクアリでプレーするのは初めて。ジェフサポーターの力があって厳しいと思うが、楽しみながら結果を出したい」と、アウェイでの戦いを楽しみにしている。

前節スタメン出場した加藤は、千葉戦に向け、「千葉は地元なので特別な思いがある。千葉でお世話になった人たちにピッチに立って恩返しがしたい」と気持ちが入る。


強力サポーターを背に戦う千葉相手に、サンガはどんな攻撃を見せるのか。

6月7日(日) フクダ電子アリーナ 18時キックオフ!


*********************************************
《テレビ放送予定》
なし
*********************************************
試合当日、観戦できない方は『京都サンガF.C.オフィシャル携帯サイト』で試合情報をチェック!!
臨場感に溢れた文字速報を試合開始から終了まで配信。気になる最新の試合情報や、監督・選手コメント、試合のハイライト写真なども毎試合お届けしています。また、試合中には試合速報メールも配信中!これで外出先でもサンガの試合情報を逃さずゲットできます!
★『京都サンガF.C.オフィシャル携帯サイト』へのアクセス方法はこちら>>>
*********************************************
山形戦で鼻骨骨折した佐藤勇人選手。千葉戦に向けフェイスガードを着用し練習に励む
フクアリでの古巣対戦を楽しみにする水本裕貴選手
約2ヶ月ぶりに試合復帰し同点ゴールを挙げた柳沢敦選手。徐々にコンディションを上げている

この記事をシェアする