ニュース

2009.04.03
試合情報

【J1第4節vs鹿島プレビュー】目の前の一戦に入魂!

ナビスコカップはアウェイ2連敗スタートとなった事実は消せないが、出てきた問題点は修正できる。気持ちを切り替え、次の一戦でベストを尽くす。リーグ戦では前節アジア王者G大阪に勝利し、現在5位につけるサンガ。明日は勝ち点6で並ぶ4位の鹿島と対決。アウェイだが、上位をねらうサンガとしては勝ち点を伸ばしたい。

鹿島を率いるのは3年目となるオズワルド オリヴェイラ監督。今季は前人未到のリーグ3連覇をねらう。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場のため、ナビスコカップ予選リーグは免除されるため、2週間ぶりの公式戦となる。

ルーキーFW大迫がスタメンで活躍するなど、勢いのあるサッカーを見せている鹿島。チーム内での競争が激化し、選手たちの士気も高い。ケガから復帰したMF小笠原がチームの中心となり、MF青木とともに質の高いボールを供給してくる。

サンガは今週、ハードなフィジカル中心のメニューから始まり、いつものサイクルで、ミーティングやトレーニングを行って、再開するリーグ戦に照準を合わせた。加藤監督は、「アウェイでやるからといって、引いてやるつもりはない。強い気持ちで臨むことが一番大事」と気持ちで勝つことの大切さを強調。トレーニングでも、局面での勝負の厳しさを表現した。

攻撃の軸となるディエゴは、「アウェイで勝つためには、相手の気持ちを上回らなければならない。鹿島は2年前から同じやり方をしているので、自分の中でイメージはできている。強い気持ちがあれば大丈夫。コンビを組む選手とコミュニケーションをとって、得点を取って勝ちたい」とコメント。ゴールもねらっている。

佐藤は、「昨年のチャンピオンで、完成度の高い鹿島から、勝ち点を取れれば自信が持てるし、リーグ上位にとどまれるので大事な試合になる。ゲーム運びのうまいチームなので、自分たちもしっかりと頭を使ってやることが重要」とコメント。

守備には、W杯最終予選のためチームを離れていた李正秀が戻ってきた。試合明けにはチームに合流し、短い時間ながらトレーニングにも参加。代表選手らしいたくましさを見せ、鹿島戦に向けて、「もちろん失点ゼロで抑える」と力強いコメントをした。

4月4日(土)J1第4節vs鹿島 カシマサッカースタジアム 午後2時キックオフ!


*********************************************
《テレビ放送予定》
【生中継】
スカイパーフェクTV!J sports Plus 308ch 13:55〜
《ラジオ放送予定》
【生放送】
●FMかしま 13:30〜
*********************************************
試合当日、観戦できない方は『京都サンガF.C.オフィシャル携帯サイト』で試合情報をチェック!!
臨場感に溢れた文字速報を試合開始から終了まで配信。気になる最新の試合情報や、監督・選手コメント、試合のハイライト写真なども毎試合お届けしています。また、試合中には試合速報メールも配信中!これで外出先でもサンガの試合情報を逃さずゲットできます!
★『京都サンガF.C.オフィシャル携帯サイト』へのアクセス方法はこちら>>>
*********************************************
サンガのDFラインを守るのは、W杯最終予選で韓国を勝利に導いた李正秀選手
攻撃の軸となるディエゴ選手。その存在感を見せ付けて欲しい
鹿島戦前のトレーニング。局面での力強いプレーが求められる

この記事をシェアする