ニュース

2020.02.28
ホームタウン

【サンガ日記】児童福祉施設の子どもたちのために寄付金を贈呈(オレンジリボンキャンペーン)

2月27日(木)、伊藤雅章代表取締役社長とキャプテンの安藤淳選手が西脇隆俊京都府知事を表敬訪問し、オレンジリボンキャンペーンの一環として寄付金の贈呈をさせていただきました。

 

 

京都サンガF.C.は2008年度から京都府のオレンジリボンキャンペーン大使に任命され、ホームゲーム等で児童虐待防止についての啓発活動を実施しています。今回贈呈させていただいた寄付金は、京都府内の児童福祉施設で生活を送る子どもたちのために活用していただきます。

 

 

西脇知事から感謝状とともに「京都サンガF.C.には多くの社会貢献活動をしていただいており、非常に感謝している」とお言葉を頂戴しました。
 

 

また、安藤選手から先日のプレシーズンマッチで使用した試合球を贈呈いたしました。知事は「京都府民念願のサンガスタジアム by KYOCERA にアウェイサポーターも含め多く集まっていただき大変うれしく思う」とお話しされました。

 

 

京都サンガF.C.では、子どもたちの明るい未来をつくるため、皆様に「オレンジリボン」を知っていただき、地域に広めるための活動をこれからも行ってまいります。

 

 

昨シーズンの11月16日ジェフユナイテッド千葉戦で放映した知事、庄司悦大選手、黒木恭平選手からのメッセージ動画はこちら↓

この記事をシェアする