ニュース

2019.04.04
ホームタウン

「世界自閉症啓発デーin京都」に参加しました!

4月2日、京都駅ビル駅前広場で行われた、自閉症をはじめとする発達障害の啓発イベント「京都タワーブルーライトアップイベント2019」に参加しました。


 

青は、いやし・希望・平穏を表す色で、世界自閉症啓発デーのシンボルカラーです。

 

京都サンガF.C.では2011年から発達障害の啓発活動に参加しており、今年で9年目になります。

式典の前に行われた街頭啓発では中野克哉選手、若原智哉選手、パーサくん、そして伊藤雅章社長が参加し、啓発活動を行いました。

 

 

啓発用のフォトフレームを使って写真を撮る中野選手(右)、若原選手(左)

 

 

パーサくんも啓発リーフレットを配布しながら、街ゆく人とハイタッチ

 

 

シンボルカラーの青色のウエアを着た伊藤社長も啓発をお手伝いしました。

 

自閉症をはじめとする発達障害の方が生活しやすい社会は、皆さんが幸せに生活できる社会につながります。京都サンガF.C.でも、サッカーを通じて皆さんが幸せに生活できる社会を目指して頑張っていきます!

この記事をシェアする