ニュース

2017.05.25
ホームタウン

トゥーロン国際大会に臨む麻田選手が心境を話してくれました。

麻田将吾選手 が、U-19日本代表 フランス遠征「第45回トゥーロン国際大会2017」のメンバーに選出され、本日の練習後にチームを離れ代表に合流します。
練習後に、メディアの方々の取材に答え、今の心境を話してくれました。

Q.久しぶりの日本代表となりますが?
A.すごく楽しみで、久しぶりに色々な人たちとも会えるので、そういう部分でも楽しみです。

Q.(代表に)行く前に、Jリーグでデビューできたことで気持ち的な違いはありますか?
A.気持ち的に、全く試合に絡めないで行くより、自信というか、サンガでもチームの力になれているっていう自信を持てるようになったので、チームで力になれていないのに代表に行くっていうのにも違和感があるので、少しですけどデビューできたというのは自信になりました。

Q.自身が成長したと思う部分、アピールしたい部分は?
A.守備では、競り合いとか、相手のフォワードも高い選手がいると思うので負けない様に、ここ数か月で成長した部分をしっかり出せたらと思います。(練習では空中戦以外も良くなっているように見えますが?)全然まだまだですけど、ステップとか個別でやったり、普段から寄せ方とかもナオトさん(大嶽コーチ)とかに教わったりしているので、少しは出来てきていますけど、目指しているところにはまだまだ届かないかなって感じです。

Q.ここまで自分自身で変わってきた部分はありますか?
A.プロに上がって最初の頃は何もできずに「何してるんだろう」って感じだったので、ほんと練習するしかないなって思って。今まで(ユース)だったら、やればチームでは上の方にいけていたと思うんですけど、プロになると、学年が変わる訳でもないし、上手い人は上手い人でずっと居るので、そういう人たちを追い越すためには、やっぱり「頑張らないと」って、ひたすら練習をしていたんですけど、ただやるだけではダメだろうなって、いろいろな試合とかも見るようにしました。
それでも練習とかでは、やらされている感じとかがあって「自分から積極的にやっていかないといけない」とは思ったんですが、そんなに直ぐ気持ち的に変われなくて…。
ユースのプレミア(高円宮杯U-18プレミアリーグ)とか見たらすごいガツガツいくし、あれぐらいの気持ちでもっとやらないといけないって思うようになりました。

Q.いま自分自身で取り組んでいる事はありますか?
A.ステップワークというかアジリティというか、無駄な動きが多いので無駄な動きを無くして、重心が少し高いので重心をしっかり落として寄せるっていう守備のところですね。攻撃だったら判断です。左足の技術だけだったら多少は自信があっても、いつそれを出すのか?みたいな判断のところはまだまだだなと思います。

Q.久々の国際試合、海外の相手というのは楽しみですか?
A.すごい楽しみです。U-16、U-17日本代表の時、最後の方はかなり自信も無くなっていたというか、そういう部分もあったので、そこからどれだけ出来るようになっているのかすごく楽しみです。


U-19日本代表グループステージ全試合を【NHK BS1】にて生中継
試合日 放送時間 試合 試合会場
5月29日(月) 23:55~ 日本 VS キューバ Stade de Lattre
6月1日(木) 23:55~ アンゴラ VS 日本 Stade de D'Honneur
6月4日(日) 21:55~ 日本 VS イングランド Stade de Lattre
時間はすべて日本時間
U-19日本代表がグループステージを突破した場合は以降の全試合を生中継する予定です。
「第45回トゥーロン国際大会2017」詳しくは>>>こちら<JFAオフィシャルサイト>

この記事をシェアする