ニュース

2016.08.04
ホームタウン

【U-12 SPコース】「ワールドチャレンジプロジェクト」を開催!


7月24日、26日、27日、28日に「京都サンガF.C.U-12SPコース ワールドチャレンジプロジェクト」と題し、U-12 SPコースの選手を対象に、スペインのプロクラブに所属するマルセルコーチを迎え、サッカークリニックを開催しました。


各コース30名の選手たちが世界トップレベルのコーチの指導を受け、スキルアップを目指しました。
選手たちは、最初はコーチが求めることへの理解を深めるのに時間がかかりましたが、少しずつ理解し始め、自ら進んでチャレンジすることができていました。また、スペイン語での指導で、最初は通訳の方の言葉をすべて待ってプレーしていましたが、途中からはコーチのスタート、ストップなど、通訳の方を介さずにトレーニングができるようになっていました。そんなところでも「経験」を重ねることで、様々なものを吸収していると感じました。


U-12 SPコースの選手たちは、それぞれチームに所属しています。今回マルセルコーチから教わったこと、そして自分が感じたことを、ぜひ所属チームでもトライし続け、チームメイトへも良い影響を与える存在でいて欲しいと思います。
最後になりましたが、今回サンガの選手たちへ快く指導してくださったマルセルコーチはじめ、関係者の皆さま、ありがとうございました。

この記事をシェアする