ニュース

2016.03.23
ホームタウン

京都SKYシニア大学で池上部長が講師を務めました

3月17日(木)、池上正普及部長が京都SKYシニア大学(※)の「健康・スポレクコース」にて≪健康アカデミー「ボールを使って身体を動かそう」≫という講座を担当させていただきました。

まず、講座の導入部分では参加者がグループになって取り組むメニューをいくつか行いました。参加者同士で交流することにより、皆さん自然と笑顔があふれます。


そのあとはボールを使ったメニュー。普段はあまりボールを蹴るということはないと思いますが、的当てゲームに挑戦しました。



なお、京都SKYシニア大学を運営する(公財)京都SKYセンターには「京都SKYサンガクラブ」があり、西京極のホームゲームでは毎試合多くのボランティアさんがご活躍されています。その他にもサンガタウンでの練習見学や、アウェー応援バスツアーなどの企画もされています。この日はスタジアムでいつもご協力いただいている方が数名参加してくださいました。

京都サンガF.C.ではこれからも、このような地域密着活動へ積極的に参加していきます。

※シニア・高齢者の「仲間づくり」「健康・生きがいづくり」を支援し、地域活動の担い手となる人材を養成することを目的に実施している通年制のシニア大学です。

この記事をシェアする