ニュース

2015.12.14
ホームタウン

オレンジリボンキャンペーン「ふれあいサッカー教室」を開催しました

12月13日(日)、京都サンガF.C.がキャンペーン大使を務める児童虐待防止を目的とした「オレンジリボン運動」の取組みとして、「親子つながり隊!ふれあいサッカー教室」を開催しました。
当日は、小学1~4年生の子どもたちとその保護者の方、合計約60人が参加してくださいました。

皆さん、池上コーチの話に聞き入っています。


両足の間でボールをつかみます。親子で教え合っている様子も見られました。


二人でスピードを合わせながら、ドリブルで進む練習です。


コーンに向かってシュート練習。ただ回数を決めて蹴るのではなく、誰かと勝負することで、自然にやる気や集中力が生まれます。


最後は、子どもvs大人でミニゲームをしました。
サッカー経験や体格に関係なく、みんなで一生懸命ゴールを目指しました。



ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。ぜひこの教室を、親子の会話やコミュニケーションについて考えるヒントにしてください。


京都サンガF.C.は、今後もオレンジリボンの啓発活動に協力させていただきます。

この記事をシェアする