ニュース

2014.09.27
ホームタウン

横浜FC戦、サイドでの攻防にもご注目を!

9月27日(土)、秋模様に包まれるサンガタウンでは、気持ちのよい秋風に吹かれる中、翌日(9/28)に迫る横浜FC戦(@西京極)へ向けて、約1時間半の調整が行われました。





前節は山形戦から中2日という厳しい条件のなか、首位・湘南相手に闘争心あふれるゲームを展開。勝点1の獲得にとどまったものの、今後の残り9試合に大きな期待を抱かせてくれる戦いを見せてくれました。

なかでも左サイドで好連携を見せていたのが駒井選手と福村選手の2人。

駒井選手は攻撃的なポジションから何度も持ち前のドリブル突破を仕掛け、相手を翻弄。また、岡山戦(6/28)以来の先発出場となった福村選手も積極的なオーバーラップからチャンスに絡むなど運動量豊富に動き回りました。

2人は横浜FC戦前日となるこの日も居残りでシュートやクロスの練習を行い、その後は中山選手など中盤の選手も交え、入念にプレーの確認を行っていました。


(居残りでシュート練習に励む駒井選手)

駒井善成選手
「(前節好連携を見せた)フクちゃん(福村選手)とはプライベートからしっかりとコミュニケーションをとれていますし、僕の特徴をしっかりと理解して、最大限活かそうとしてくれているので、やりやすいですね。(湘南戦では)勝てなかったですが、自分のたちのサッカーを見せることができたと思いますし、あれが偶然ではないことを次の横浜FC戦で結果とともに証明しないといけない。湘南戦に臨んだときのような強い気持ちを持って試合に入りたいと思います」



(横浜FC戦へ向けて意気込みを語る福村選手)

福村貴幸選手
「ヨシアキ(駒井選手)と2人でサイドを崩しきれば、中に人数をかける攻撃もできると思うし、うまく押し込めると思います。(横浜FCは)攻撃では前線の高い選手に早めに入れてきて、DFもかたく失点も少ない。サイドでは先手の取り合いになると思うし、できるだけ高い位置をとって、試合を優位に進めていきたい」





明日の横浜FC戦、サイドで熱く繰り広げられる攻防にもご注目ください!

【2014Jリーグディビジョン2第34節】

日 時 9月28日(日)18:00キックオフ
対 戦 京都サンガF.C. vs 横浜FC
会 場 西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場

「ワコールスペシャルデー」スタジアムイベントの詳細はこちら(以下)。
http://www.sanga-fc.jp/news/event_detail/26720

この記事をシェアする