ニュース

2014.09.22
ホームタウン

いざ、湘南戦へ!

前節アウェイで山形に敗れたチームはひと息つく間もなく、明日中2日で首位を独走する湘南ベルマーレと対戦します。

試合前日の22日(月)、まずは10時から約30分間の室内ミーティングを行い、その後はウォーミングアップからフォーメーションの確認、攻守におけるセットプレーの練習など約2時間汗を流しました。







全体練習後には川勝監督の球出しのもと、大黒選手、三平選手、駒井選手、山瀬選手など攻撃陣が居残りでシュート練習に励んでいました。

全体練習後、訪れた報道陣に向けて、中山選手は次のようにコメント。



「残り10試合のスタートで湘南とやれることは勝てば自分たちの勢いにもつなげられるし、非常にいい相手だと思います。相手は勝ち続けることで、自信をもって戦っているのが映像を見ていても伝わってくる。川勝監督も言っているように、ここからは全試合勝つつもりで、本当にトーナメント戦の気持ちで戦わないといけない。混戦しているリーグ状況を活かせるかは自分たち次第。気持ちをしっかりとプレーで見せていきたいと思います」

ホームゲームも明日の湘南戦を含め、残すところわずか6試合。

まずは明日の湘南戦。大きな注目を集めるカードとなりましたが、京都のプライドにかけても勝点3のみが求められます。

秋風が気持ちよくなってきた季節です。ぜひ“スポーツの秋”を西京極で満喫しながら、サンガの選手たちへ熱いご声援を宜しくお願いします!

【2014Jリーグディビジョン2第33節】

日 時 9月23日(火・祝)18:00キックオフ
対 戦 京都サンガF.C. vs 湘南ベルマーレ
会 場 西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場

「ロームスペシャルデー」スタジアムイベントの詳細はこちら(以下)。
http://www.sanga-fc.jp/news/event_detail/26614/

この記事をシェアする