ニュース

2014.04.22
ホームタウン

歴史的な対面!

松本山雅FC戦翌日となる4月21日(月)、ガイナーレ鳥取を東城陽グラウンドに迎え、練習試合(45分×2本)が行われました。 





前日の松本山雅FC戦では途中出場ながら値千金の今季初ゴールを決めた三平選手も元気に先発フル出場!

また、先日より全体練習に合流している内野選手やこの日の練習試合でも同点ゴールを決めた田村選手など、公式戦での出場機会に飢える選手たちも“来たるべきとき”へ備え、アピールを続けています! 

そしてこの日は試合以外にも注目を集める出来事がありました。 

6月に開幕する「2014FIFAブラジルワールドカップ」も刻一刻と迫ってきましたが、この日は、“ジョホールバルの歓喜”として多くのサッカーファンの記憶に残っている1997年のワールドカップアジア第3代表決定戦(日本vsイラン)で、当時イランを指揮していたバドゥ監督と日本の延長Vゴールを決めたガイナーレ鳥取の岡野雅行GMが歴史的な対面を果たしました。 



ジョホールバル以来、約17年ぶりに再会した2人は、懐かしそうに当時を振り返ってくれました。

バドゥ監督

「岡野さんと再び出会うことができ、本当にうれしいです。当時の日本代表は走力があり、素晴らしいチームでした。岡野選手、中山選手、相馬選手などのプレーは今でも強く印象に残っています。今の日本サッカーにも岡野さんのようなスピードがある選手が必要だと思います」

岡野雅行GM(ガイナーレ鳥取)

「あの時のイランはダエイ選手やアジジ選手など能力の高い選手がそろっていて、本当に手強い相手でした。自分自身、あのVゴールで人生が変わりましたし、今日ここでバドゥさんにお会いすることができ、最初は怒られるかなぁと思いましたけど(笑)、お話しさせていただけてうれしかったです」

最後は笑顔で握手を交わし、今シーズンのお互いの健闘を誓い合ったバドゥ監督と岡野GMでした!


【次回ホームゲーム/2014Jリーグディビジョン2第9節】

日 時 4月26日(土)14:00キックオフ
対 戦 京都サンガF.C. vs 愛媛FC
会 場 西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場

この記事をシェアする