ニュース

2013.01.23
ホームタウン

チーム始動から約1週間

1月23日(水)、朝から冷たい風が吹き抜けるサンガタウン。

この日も午前午後と約2時間ずつボールを使った実践形式のトレーニングを行いました。






                
チーム始動から約1週間が経過しましたが、初日は若干緊張気味だった新加入選手たちもすっかりチームのムードにも慣れた様子で、連日明るい雰囲気のなか、練習を行っています。またシュート練習の合間には笑みもこぼれるなど、緊張感が漂うなかにもリラックスした表情が見られるなど、非常にメリハリの利いた集中した練習が続いています。

新加入の山瀬選手もご覧の表情。



そして、ここでうれしいお知らせ!
リハビリを続けていた染谷選手が今年になって初めて全体練習に合流。新しいチームメイトとも初めて一緒にボールを蹴り、フルメニューを消化。順調な回復ぶりを見せ、見学に訪れたサポーターの皆さんを安心させてくれました。


「ボールに触れるとやっぱり楽しいですね。新しいチームになって、みんないい雰囲気のなかでできているし、そのなかに入れてうれしかったです。ここからです」(染谷選手)

また昨年末に右ひざの手術を行い、リハビリ中の中山選手も水口トレーナーとともにペースを調整しながらグラウンドでボールを使ったメニューを行っていました。

そして、昨日、いよいよ2013シーズンの開幕戦の対戦相手が決定しました。リーグ開幕となる第1節は3月3日(日)にアウェイ(@万博)で今シーズンよりJ2に参戦する強豪・ガンバ大阪と、ホーム開幕戦となる第2節は3月10日(日)に東京ヴェルデイ(@西京極)と対戦します。過去サンガでもプレーし、日本代表の中心選手でもある遠藤保仁選手要するガンバ大阪、さらには今シーズンから元日本代表の高原直泰選手が加入し、チーム力がアップした東京ヴェルディと、いきなり昇格を争うライバルとの直接対決が続きます。

開幕カードが決定したことについて駒井選手は「(G大阪は)天皇杯を見ていても1人1人の能力はとても高いし、ダイレクトプレーとかは見習わないといけない。とても手ごわい相手ですけど、僕たちはやることをしっかりやって、自分たちのパスサッカーは絶対に通用するという強い気持ちを持って戦いたいですね。(東京Vは)実際に戦っても非常に粘り強い素晴らしいチームだと感じますし、上位に入ってくるであろうチーム。簡単な戦いにはならないと思いますけど、今からしっかりいい準備をしていきたい。3月10日(日)はホーム開幕戦ということで環境は整っているし、サポーターの皆さんもたくさん西京極にきてくれると思うので、僕たちは“勝つこと”で応えないといけない。どちらの試合ももちろん全力で勝ちにいきます!!」と力強く語ってくれました。

リーグ開幕まで あと39日

来たるべき時へ向けて、1日1日を大切に、チームとしての団結を高めていってもらいたいと思います。

サポーターの皆さん、ぜひスタジアムで今シーズンも選手たちと一緒に戦ってください。熱いご声援を宜しくお願いいたします。
(『シーズンシート』のご購入について詳しくはこちら

この記事をシェアする