ニュース

2013.01.15
ホームタウン

2013シーズン、始動!

いよいよ本日1月15日(火)より新チームでのトレーニングがスタートしました。 

トレーニング開始に先立って、まずは室内でのミーティングからスタート。新加入選手が多く加入したこともあり、自己紹介などの挨拶を済ませ、約1時間のミーティングが終わるといざ、グラウンドへ。

初日のトレーニングにはブルキナファソ代表合宿に参加中のサヌ選手、体調不良の高橋選手、学校行事のため、齊藤選手&山田選手は不参加となりましたが、 以外の選手たちは大木監督のもとではもはや恒例となった、初日からボールを使用したメニューをみっちり行いました。(中山選手&染谷選手はリハビリのため別メニュー調整)。







昨シーズンは、J1昇格プレーオフで大分に敗れ、昇格を逃し非常に悔しい思いをしました。今年こそJ1昇格を必ず果たさねばなりませんが、それを実現するために新たな戦力が加わりました。

たくさんのサポーターの皆さんに出迎えられる中、まず先頭で出てきたのは大木監督。その後は続々と新加入選手たちも登場。そんななか、注目を集めるのが川崎フロンターレから加入した山瀬功治選手。山瀬選手は、日本代表時代に10番を背負った経験を持つミッドフィルダ―で、得点感覚に優れたテクニシャンタイプです。パスを繋ぐ現在のサンガのスタイルにどのようなアクセントをつけてくれるのか、今から楽しみでなりません。 


(山瀬功治選手)

他にも、大分トリ二―タでチーム得点王となりJ1昇格に貢献した三平和司選手や徳島ヴォルティスから加入した大型GKのオ スンフン選手、愛媛FCから完全移籍となる田森大己選手、ガンバ大阪からの期限付き移籍となる横谷繁選手、清水エスパルスからの期限付き移籍となる姜成浩選手、Honda FCからの新加入となる中村祐哉選手、U-18からの昇格組・齊藤隆成選手、山田元気選手など期待の選手たちが加わり、選手層にさらなる厚みが増しました。 


(左から三平和司選手、姜成浩選手)


(オ スンフン選手)


(横谷繁選手)


(田森大己選手)


(中村祐哉選手)

また、昨シーズンは期限付き移籍していたサンガの育成組織出身の下畠翔吾選手と高橋祐治選手もチームに復帰。下畠選手は佐川印刷SCから、高橋選手はブリスベン・ロアーFCからそれぞれ貴重な経験を得て、一回り大きくなって帰ってきました。 


(下畠翔吾選手)





新たな頼もしい仲間を得て、2013シーズンを戦う京都サンガF.C.は、ついにスタートしました。今シーズンこそJ1昇格を実現するために、一緒に戦っていきましょう。応援よろしくお願い致します。 

この記事をシェアする