ニュース

2012.12.26
ホームタウン

メッセージ!

今シーズンをもって、サンガを離れることになった選手たちからメッセージを頂戴しましたのでご紹介いたします。 

水谷雄一選手
(サンガでの5年間を振り返って)
「残留争いやJ2降格などつらいこともありましたけど、今振り返ってみるといい思い出ばかりです。もちろんサンガで昇格できなかったことは悔いが残っていますけど、多くの素晴らしい仲間と出会えたことに本当に感謝しています。また、大木さんと出会えて純粋にサッカーを楽しむことができましたし、アダウト(GKコーチ)との出会いも自分を大きく変えてくれたと思っています」

(チームメイトへ)
「みんなしっかりしているし、今さら僕が言うことは何もないですね。慕ってくれていた選手がいたことは本当にうれしかったですし、できればまたみんなとやりたいですね」

(サポーターへ)
「シーズンが終わってからはなかなかグラウンドにも足を運べなかったんですけど、アウェイでも、そして今年の元旦の国立にもあんなにたくさんの方が来てくれて、アップの時から涙が出るくらい最高にうれしかったです。できればうれしい思いをさせてあげたかったんですけど、それができなかったことが本当に心残りです。サンガサポーターの皆さんには本当に感謝しています。5年間、本当にありがとうございました」


 

内藤洋平選手
(サンガでの2年間を振り返って)
「プロに入って初めてのチームでとても充実した2年間でしたが、もっともっとチームに貢献したかったですね。でもうまくいかない時でも自分なりに考えてよくなる方法を見つけていけたとも思っています」

(特に印象に残っていることは?)
「そうですね。去年の開幕戦(vs水戸)で決めたプロ初ゴールの反響は大きかったですけど、自分の中では毎日の練習が充実していたことのほうが印象に残っています」

(サポーターへ)
「本当にサポーターの皆さんの支えがなければプレーすることができなかったですし、感謝しています。心からありがとうございます、という気持ちを伝えたいですね。もっともっと大きくなって皆さんに認めてもらえるようなプレーヤーになっていけるように、北九州でも頑張っていきたいと思います。本当にありがとうございました」



中村太亮選手(※2012シーズンはアルビレックス新潟へ期限付き移籍)
(サポーターへ)
「サポーターの皆さん、熱いご声援を本当にありがとうございました。サンガではジュニアからずっとお世話になり、プロ生活をスタートさせて頂き、本当に多くのことを学ばせて頂きました。サポーター、選手、スタッフ、関係者の皆様には心から感謝の気持ちでいっぱいです。来シーズンはモンテディオ山形でプレーすることになりますが、これからも温かく見守って頂ければうれしく思います。長い間、本当にありがとうございました」


水谷選手、内藤選手、中村(太)選手の新天地での活躍に期待したいと思います。

この記事をシェアする