ニュース

2012.12.18
ホームタウン

「太陽が丘青少年サッカー交流フェスタ」

12月15日(土)、原一樹選手、長沢駿選手、黄大城選手、福村貴幸選手が「太陽が丘青少年サッカー交流フェスタ」に参加し、ゲームなどで約200名の子どもたちと交流しました。 
       
             

太陽ヶ丘開設30周年となった昨年からこのイベントは始まり、昨年に引き続き、東日本大震災の被災地福島県より15名の小学生を招待し、京都府内や滋賀県のサッカー少年団に所属する子どもたちがサッカーを通じてふれあいました。

みんなでプロのシュートを間近で体感!

選手と一緒に手つなぎおにごっこ!選手から逃げ切れるかな?

選手も加わってのサッカーの試合。長沢選手がボールを持って攻めあがっていきます!

テソン選手をかわせ!子どもたちは一生懸命プレーしてました!

最後は参加した選手とハイタッチ!子どもたちとボールを一緒に追いかけて、選手たちもとっても楽しかったですよ。
関係者の皆様、参加してくれた子どもたち、ありがとうございました。

この記事をシェアする