ニュース

2012.10.08
ホームタウン

練習は嘘をつかない

徳島戦が台風の影響で延期となり、約2週間ぶりに迎えたアウェイでの栃木SC戦では、内藤選手が今季初ゴール、そして宮吉選手が今季11ゴール目となる決勝点をあげ、鮮やかな逆転勝利をおさめ、勝点を64に伸ばしました。これで1試合少ないながらも、2位湘南と勝点で並び、自動昇格を射程圏内にとらえました。


 

 

栃木戦で今季初ゴールを決めた内藤洋平選手。立命館大学から加入し、2シーズン目を迎えています。昨年は水戸との開幕戦(@Ksスタ)に先発出場を果たし、開始23分には鮮やかなプロ初ゴールをあげましたが、今年はなかなか出場機会を得ることができず、苦しんでいました。しかしそんななかでも腐ることなく、夏場も黙々と居残りトレーニングを続け、FKの精度向上などに努めていました。そして迎えた栃木戦では後半途中に投入されると、「練習は嘘をつかない」(大木監督)ことを証明してみせる素晴らしいフリーキックを決めてくれました!

 

 

試合後、ゴール裏でサポーターの皆さんに向けて「熱い応援をありがとうございました。去年は開幕して23分でゴールを決めることができましたが、今年は時間がかかってしまいました・・・。ここから残り6試合、J1目指して一緒に頑張りましょう」とマイクからメッセージを送った内藤選手。

後半戦の日程ポスターにも込められている思いは「団結」。まさに今こそ団結するときです。次節は天皇杯・磐田戦(10/10@ヤマハ)をはさみ、14日に西京極で行われる富山戦(16:00キックオフ)です。残り6試合、強い思いを持ち、全員でJ1昇格をつかみとりましょう!!

この記事をシェアする