ニュース

2012.10.02
ホームタウン

バースデー勝利を!

9月30日(日)に予定されていたアウェイでの徳島戦は台風の影響により延期となり、サンガは次節、10月7日(日)に栃木SC(13:00@栃木グ)と対戦します。

チームは徳島戦当日、延期の連絡を受けると、すぐさまバスで京都へ戻りました。10時に徳島を出発し、12時30分ごろに京都に無事到着。遠征メンバーはその日はそのままオフとなり、昨日のオフをはさんだ後、本日から再びトレーニングを再開しました。

選手たちは一様に徳島戦の延期を残念がっている様子でしたが、安藤淳選手は「(徳島戦は)正直やりたかったですけど、サポーターの皆さんの安全面などを考慮すると延期は仕方がないと思います。昨日は湘南が敗れて僕たちにとってはプレッシャーをかけられる状況にもなりましたけど、僕たちはチームとしてやることは何も変わらない。ここからまた試合が続きますけど、個人的にも連戦のほうが好きですし、楽しみな部分もあります」と今回の延期をポジティンブに受け取っています。さらに「残り7試合、J1に昇格するチャンスが目の前にあるので、サッカー選手として絶対に逃したくない。気を引き締めて、1試合1試合、水戸戦に臨んだときと同じ気持ちで向かいたい」と続けました。

昨シーズンからは本職のボランチにとどまらず、センターバックやサイドバックなど様々なポジションを経験し、プレーの幅を広げている安藤選手。さらに今シーズンはここまで、水谷選手を除く、フィールドプレーヤーでは唯一全試合にフル出場を続け、タフさも身につけています。そんな安藤選手について大木監督も「彼は精神的に安定しているし、どんな時も同じテンションでサッカーに取り組んでいる。昨年の終盤くらいから彼自身のなかでもストロングポイントがわかってきたように思います。中山や水谷も含めて彼らの存在はチームにとって非常に大きいと思います」と信頼をよせています。

ちなみに次節・栃木戦翌日となる10月8日は安藤選手の誕生日です。“アンちゃん”の28歳のバースデーをぜひ勝利でお祝いしたいですね!

 

この記事をシェアする