ニュース

2012.08.31
ホームタウン

ガンバレ、ユウジ!

8月30日(木)、高橋祐治選手のブリスベン・ロアーFC(オーストラリア)への期限付き移籍が発表になりました。

高橋選手は今シーズン、U-18よりトップチームへ加入。トップチームでの出場こそまだありませんが、U-19日本代表をはじめ、これまで各年代の代表に選出されるなど、将来が楽しみな選手です。

  
(チームメイトに挨拶をする高橋選手) 

高橋選手は29日のミーティングでチームメイトに挨拶し、昨日30日にオーストラリアへ出発しました。

加入したブリスベンは国内リーグを2連覇し、アジアチャンピオンズリーグにも出場している強豪チームです。

今回の移籍発表にはサポーターの皆さんも大変驚かれたことだと思います。本人もサポーターの皆さんに直接挨拶することができず、残念がっていましたが、出発する直前にクラブハウスでインタビューに応えてくれました。

Q.移籍を決めた経緯
「サンガでは練習から意識を高くもってプレーできていましたが、現状ではなかなか試合に絡むことができず、やっぱり試合に出たいという思いが自分のなかに強くありました。このオファーが日本のチームだったら、もちろんサンガに残るつもりでしたけど、海外のチームということもあって、より厳しい状況に飛び込んでみたいと思い、移籍を決断しました」

Q.チームメイトに対して?
「J1昇格を目指している大事な時期に、僕のことでみんなに気を遣わすのが嫌でしたし、チームメイトには相談していなかったので、(挨拶した時には)みんなとてもビックリしていました・・・。ただ、サンガでずっと育ってきて、本当にサンガが大好きですし、みんなには頑張ってもらって、絶対にJ1に上がってもらいたいと思います」

Q.オーストラリアではどういうプレーを見せていきたいですか?
 「(ブリスベンは)パスサッカーをするチームと聞いているので、ビルドアップやヘディングの強さなど自分の武器を生かしていきたいです」

  Q.サポーターに対して?
「急な移籍になったので、まずは直接サポーターの皆さんに『行ってきます』という挨拶ができないことを申し訳なく思っています。サンガでは活躍している姿を見せることができなかったので、皆さんによいニュースを届けることができるように、オーストラリアで頑張ってきます。とにかく行くからには泥臭くやって、何も失うものはないですし、今は“やってやる”という気持ちです。オーストラリアで頑張ってきますので、これからも応援よろしくお願いします」

インタビューを終えると、色紙にサポーターの皆さんへメッセージを託してくれました。

 

  

  
  
試合出場を重ね、たくましさを増した高橋選手に会えることを期待して待っていたいと思います。
サポーターの皆さんも引き続き高橋選手へ熱い応援をよろしくお願いします。

ガンバレ、ユウジ!!

この記事をシェアする