ニュース

2012.08.04
ホームタウン

アツの見つめる先には・・・

「今年は最低10点とる!」

シーズン前に今年の個人的な目標をこう掲げていた中村充孝選手。

先日の町田戦(2-1@町田)でも決勝点をあげ、今シーズンの得点記録を8に伸ばし、ノルマまであと2点に迫っています。

 

 

中村充孝選手といえば、どんなに相手に囲まれてもスルリとかわす技術の高いドリブルやゲームメイクなどの印象が強いですが、今シーズンの中村選手は本人も語っているとおり、以前にも増して、前線に顔をだす回数が多くなり、貪欲に得点を狙っています。

初心を綴るアンケートには今年の目標を「昨シーズン以上の活躍をする!」と誓っていた中村選手。得点を重ねる先にはもちろん、チームが掲げる「J1昇格」が念頭にあります。

町田戦後には取材陣から得点への意欲について聞かれ、「僕は攻撃の選手なのでゴールがすべてです。ただ、まずはチームから自分に与えられた役割をしっかりと果たすことが大前提ですし、そういう仕事をしながらも積極的にゴールを狙っていきたい」とコメントしていた中村選手。

その眼光鋭いまなざしからは、あと2点に迫ったノルマではなく、もっとその先を見つめているように感じます。

そしていよいよ明日は4連勝をかけて、西京極で“真夏の西京極決戦”第一ラウンドとなるガイナーレ鳥取戦(8/5 19:00@西京極)が行われます。

ぜひ中村選手の華麗なプレーにもご注目ください!      

この記事をシェアする