ニュース

2012.08.03
ホームタウン

俺たちの分まで!~本日準決勝へ臨むU-18の選手たちへ、先輩からのメッセージ~

京都サンガF.C.U-18が全日本クラブユースサッカー選手権大会で、見事、3年ぶりとなる準決勝への進出を決めました!

3年前にPK戦の末、準決勝で敗れた試合のピッチに立っていたメンバーから、決戦を目前に控えた(8/3@三ツ沢)後輩たちへ熱いメッセージが届きました。

※ちなみに3年前のセレッソ大阪戦のスターティングメンバーはこちら

駒井善成選手
「自分たちの力がどこまで通用するかをはかる絶好の試合。厳しい戦いになると思うけど、日本一目指して全員で頑張って!」

伊藤優汰選手
「(クラブユースは)3年前の負けた試合(vsC大阪U-18)でPKを外してしまった悔しい思い出があります。ミスを恐れず、頑張ってほしい」

久保裕也選手
「後輩たちを誇りに思います。自分たちの力を出せれば絶対に勝てると思うので、悔いを残さないよう全力で!」

高橋祐治選手

「苦しい戦いになると思うけど、チームメイトを信じて、優勝目指して頑張って!」

原川力選手
「僕たちのときは日本一になれなかったので、優勝を狙って頑張ってほしい」

國領一平選手
「短期決戦では勢いが大事だし、今チームは勢いにのっていると思う。試合のなかで苦しいときは声をかけあって頑張ってほしい」

キックオフは16:00です。
会場までいけない皆さん、ぜひ三ツ沢までパワーを送りましょう。熱いご声援をよろしくお願いします!

この記事をシェアする