ニュース

2012.07.02
ホームタウン

「京都大和の家」訪問

6月24日、京都府精華町の児童養護施設「京都大和の家」に染谷選手、内野選手、長沢選手、松尾選手、倉貫選手、高橋選手、伊藤選手、國領選手、杉本選手、森岡コーチの合計10名で訪問しました。

  

子どもたちは6月30日に行われるフットサル大会に向けて練習の真っ只中です。子どもたちはサンガの選手相手に実力を試すとき。選手チーム対子どもチームでフットサルの試合を行いました。



 


選手たちは「さすがはプロ」と言わせるようなボールコントロールを子どもたちに披露します。

子どもたちも負けてはいません。選手も「おおっ」と感心するようなプレーも飛び出すなど、なかなかの実力です。

  

最後に高橋選手、國領選手、杉本選手から子どもたちに「フットサル大会では精一杯がんばって勝ち進んでください。」と子どもたちへの激励のメッセージが送られました。

「京都大和の家」のみなさん、ありがとうございました。元気いっぱいの子どもたちから選手たちも元気をもらったことでしょう。

この記事をシェアする