ニュース

2011.11.08
ホームタウン

財団法人京都府公園公社設立30周年記念「太陽が丘青少年サッカー交流フェスタ」へ参加

11月5日(土)、財団法人京都府公園公社設立30周年記念「太陽が丘青少年サッカー交流フェスタ」にてアライール選手、下畠選手、森岡コーチが参加させていただき、また当日はアカデミーセンターによるサッカー教室を行いました。 

参加者は約180名の小学1年生から4年生です。その中には被災地福島より招待された25名の子どもたちも含まれています。

この25名は特に被害が大きい中通り地方北部に住む子どもたちで、原発事故の影響で満足に屋外でサッカーをすることができない子どもたちです。

福島では少しでも雨が降れば屋外でのサッカーは中止になるようです。この日はあいにくの曇り空で途中から雨も降ってきましたが、子どもたちは元気いっぱいボールを追いかけていました。




子どもたちと触れ合った下畠選手は「ぼくたちサッカー選手はサッカーをすることで、観ている人を元気づけることができればと思っています。福島のみなさんもぼくたちの姿を観て元気になってもらえたらと思います。震災に負けずがんばってください。」と激励の言葉を贈りました。 




雨の中、京都府公園公社のみなさん、ありがとうございました!

この記事をシェアする