ニュース

2017.10.25
ホームタウン

【サンガ日記】10/15(日)亀岡サッカーデー2017

10月15日(日)、ホームタウンであり、新スタジアムの建設地である亀岡市の亀岡運動公園にて『亀岡サッカーデー2017』を開催しました。

 

 

午前の部は田村選手、望月選手、小屋松選手を交えたサッカー教室と前日試合を行った選手のリカバリーを、午後の部はジュビロ磐田とのトレーニングマッチを行いました。
また、いつもはサンガタウンで行っている選手との『ふれあい』を実施し、ふれあいロードでは多くの方が選手との握手や写真撮影をしました。
小雨が降る中でしたが、総勢約1,000人の方が来場いただき、大盛況でした。
 

 

サッカー教室及びリカバリーを実施した選手は、一人一人紹介されてピッチに登場しました。ハ・ソンミン選手がパーサくんとハイタッチ。

 

リカバリー及びサッカー教室終了後には、参加した選手とのふれあいが行われました。闘莉王選手ケヴィン選手がふれあいロードに集まったファンの方と握手をしています。

 

 

午後からは『京都かしいしょうプレゼンツ トレーニングマッチin 亀岡(対戦相手ジュビロ磐田)』を開催。選手入場時は、両チームの選手にエスコートキッズがつき、公式戦さながらの入場をしました。

 

 

試合前には、ジュビロ磐田の選手や列席者の方も含め、全員で記念撮影。

 

試合終了後には、選手全員のサイン入りボール、ユニフォームなどがあたる大抽選会を行いました。くじを引いたのは、GK永井選手。

 

 

大抽選会のあとには、トレーニングマッチに出場した選手とのふれあいを行いました。仙頭選手がファンの方と握手をしています。

 

今回の亀岡サッカーデー2017は、亀岡市、亀岡市体育協会、亀岡市サッカー協会をはじめ多くの企業や関係団体、そして何よりも雨が降る中、ご来場いただいた皆様のご協力があり開催することができました。誠にありがとうございます。

これからも、京都サンガを知ってもらう、そして好きになっていただけるよう、選手をはじめスタッフ一同取り組んでまいりますので、皆様からのあたたかいご声援をよろしくお願いいたします。

この記事をシェアする