ニュース

2012.03.06
スクール

【イベントレポート】京都サンガF.C.健康アカデミー

京都サンガF.C.では、運動を通じて健康であることの楽しさ、素晴らしさを実感するとともに、生涯健康にすごせる社会づくりを推進するため、2007年度から、主に高齢者の方を対象に、Jリーグが取り組む介護予防事業の一環として、健康体操教室「京都サンガF.C.健康アカデミー」を開催しております。

当日は、あいにくの雨模様でしたが、予想を上回り、約100名の地域の皆さんがお越しになりました。
初めに、ホームタウンアカデミー成山コーチが、サッカーボールを使ったストレッチやゲームの要素を取り入れた運動などを行い、参加者の皆さんは慣れないボールの扱いに悪戦苦闘しながらも、会場には大きな歓声と笑い声が溢れていました。
続いて、健康体力づくりの会の先生によるメタボや、転倒予防などの講話をいただきました。要介護にならないための方法など、深刻になりがちなテーマですが、先生の軽妙なトークに会場は大笑いに包まれました。
最後に介護予防推進センター健康運動指導士の先生により、マーチ音楽を取り入れた運動を行いました。みなさん大きな声で歌いながら身体を動かしました。

ご参加いただきました皆さま、関係団体の皆さま、どうもありがとうございました。

(京都サンガF.C.健康アカデミー概要)
■開催日時:2012年3月2日(金)10:30~12:00
■会場:京都市醍醐地域体育館
■参加者:原則60歳以上の方、約100名
■関係団体:
  主催/京都サンガF.C.
  共催/山科・醍醐地域包括支援センター、山科区・深草・醍醐地域介護予防推進センター、健康体力づくりの会
  後援/京都市

成山コーチ指導のもと、まずはボールを使ったウォーミングアップ。
円陣を組んでボールをパスしましょう。運動にボールを使うと自然と白熱します。
健康体力づくりの会の先生による健康講話。笑うことも健康の秘訣ですね。
介護予防推進センターさんの考案された健康のマーチを歌います。大きな声で歌いましょう♪
最後に歌いながら体操をします。みなさんとても楽しそうです。

この記事をシェアする