試合情報

HOME
京都サンガF.C.
京都
JリーグYBCルヴァンカップ第4節
413日(水) 18:30
サンガスタジアム by KYOCERA
試合終了
3
1 前半 2
2 後半 0
2
  • 24'
    福岡 慎平
  • 71'
    中野 桂太
  • 75'
    マルティノス
  • 2'
    ルーカス フェルナンデス
  • 20'
    岡村 大八
AWAY
北海道コンサドーレ札幌
札幌

監督コメント

京都サンガF.C.

杉山弘一コーチ

今日はできるだけスタッフの配置を普段と変えずやろうということになりました。長澤徹ヘッドコーチはいつもスタンドの上から広い視点で見てくれる役割ですので、そこは変更せずに、いつもベンチに入っている私がベンチからの指示、インタビューや記者会見の対応をさせていただくことになりました。


●試合前に曺貴裁監督からの伝達は何かありましたか?

試合前に曺貴裁監督とスタッフで(リモート通話を通して)充分に話し合いをしました。その後、スタジアムに来る前のミーティングで選手たちにも話をしてくれました。ハーフタイムにも監督から話をしてくれましたし、自分たちでできる限りのことをしました。試合前とハーフタイムはいろいろチェックすることがあり、私自身は曺貴裁監督から選手に向けてどのような話が合ったかは聞いていません。


●序盤、なかなか前線からプレスがかかりませんでしたが、どのような立て直しを図りましたか?

曺貴裁監督と相談しながら立ち位置の変更など、自分たちができることをどんどんやっていきました。監督は日頃から「選手を自立させたい」「言われることだけをやっているようでは、絶対うまくいかない」と言っています。ピッチの上では私たちスタッフの声も届かないことがありますので、「自分たちで考えてやっていくように」と普段から選手たちには伝えてきました。今日は監督不在でマイナス面も大きかったですが、選手たちが自立していくきっかけとなり、プラスとなる良いゲームだったと思っています。今日、選手たちは、最後まで諦めずに本当によくやってくれました。あとは私たちスタッフがいつもと違うことをやらずに、いつも通りのことをしたことが勝因だと思っています。


●途中出場して得点に絡んだマルティノス選手と中野桂太選手の評価をお願いします。

あの苦しい時間帯で点を取ってくれたのがすべてだと思っています。そして、点を取った選手だけが素晴らしいのではなくて、ディフェンスラインが最後まで失点しないよう頑張りましたし、中盤の選手もよく走りました。今日は出た選手が本当によくやってくれたと思います。今日、自分がよくできたと思った選手も、自分の中で課題があると感じた選手も、今日の経験は絶対に今後につながっていくと思いますので、次に向かって進んでいってほしいと思います。


●選手交代は杉山コーチが決めたのでしょうか?

ベンチでも曺貴裁監督と連絡を取れる状況でしたので、監督を含むスタッフで相談をして最終的には監督が決断するという方法で決めました。いつも今日と同じようにスタッフで相談して、最終的な決断は監督がやっています。曺さんはベンチにはいませんでしたが、いつもの強烈な存在感は変わらなかったです。私としてもそんなに違和感なく、いつもどおりの仕事をすることができました。

選手コメント

  • 20 FW
    マルティノス
    まずは今日、勝利できたことを嬉しく思います。今日、我々は良い試合をしましたし、勝つに値するプレーをした結果だと思っています。(2点目のアシストについて)自分が得意とするプレーで、あそこで切り返せばファーサイドへのクロスボールを出せるのがわかっていましたし、それがサッカーではよくゴールにつながるプレーです。特別なことをしたわけではありません。(サンガ移籍後初ゴールについて)自分にとってそんなに特別なことではなく、数あるゴールの中のひとつだと思いたいです。うまく決めることができて良かったです。(ゴール後、あまり喜びを表現しなかったが)表に出さなかっただけで、もちろん嬉しかったです。今日も途中からの出場でしたが、スタメンであろうと途中出場であろうと自分がすべき仕事は理解しているつもりなので、アシストやゴールで自分の価値を証明したいと思っていました。それをきっちり遂行できて良かったです。今日は、今季まだ出場経験が少ない選手何人かとも共にプレーしましたが、試合だけでなく、練習の時からケイタ(中野桂太選手)らにアドバイスしていますし、ピッチに立てば監督でもワンプレーワンプレーには指示できない状況なので、選手たち自身の肩に掛かる部分が大きいです。今日、ケイタは非常にアグレッシブな良いプレーをしましたし、「自分はここでプレーしたいんだ」という気持ちを前面に出してプレーしていました。ファン・サポーターの皆さん、今日も応援していただいてありがとうございます。また次のゲームでお会いしましょう。
  • 25 MF
    中野 桂太
    昨シーズン、そして今季に入ってからもなかなか試合に絡むことができない時間が多かったのですが、いつかこのサンガスタジアム by KYOCERAのピッチに立って、チームを勝たせることができる選手になりたいと思ってずっとやってきました。これまでの試合を見ていても、札幌さんは素晴らしいチームということが分かっていましたし、今日は曺貴裁監督が不在でしたが、“そんな時だからこそ自分たちが勝つために何ができるか”というところに集中したことが、今日の勝因につながったと思っています。ピッチに入る時は、点を取りたいという気持ちもありましたが、それ以上にチームのために走ることや、自分でコントロールできることに集中していました。その成果が出て嬉しいと感じると同時に、これまで支えてくださったたくさんの方々のおかげだと思い、感謝しています。(中野桂太選手が入ってからゴールの予感がするプレーが続いたが)自分では分かりませんが、自分の武器はキックの精度やシュートなので、試合の流れを変えるためにもチームのために足を振っていこうと思っていました。今日は自分たちができることに集中して、札幌さん以上に自分たちのサッカーができたことが、勝因につながったと思います。(プロ初ゴールについて)マルティノス選手がああいうプレーすることは分かっていましたし、ファーサイドから入っていけばボールがこぼれてくると信じて入っていけたことが得点につながったと思います。このピッチ、そしてこの雰囲気の中でゴールを決めることができたのは、何物にも代えがたい喜びです。毎日のトレーニング後のシュート練習をサポートしてくださったスタッフの方々や、シュートを受けてくれていたゴールキーパー陣の方々に感謝しています。ファン・サポーターの皆さんには毎試合、素晴らしい雰囲気をつくってくださって、共に戦ってくださっていると感じています。今日、ピッチに立って、それがすごく僕たちの力になっていることを改めて感じました。これからも共に戦ってください。

ギャラリー