ニュース

2016.09.24
U-18

【U-18プレミアリーグ第14節】9/25(日)はホームでガンバ大阪ユースと対戦!

高円宮杯プレミアリーグウエストも残り5試合。現在6位の京都サンガF.C.U-18は、5位のガンバ大阪ユースとホームで対戦する。同じ関西を本拠地とするクラブとの負けられない一戦だ。


前節はヴィッセル神戸U-18とのアウェイゲーム。前半はなかなか攻撃を組み立てられず、ハーフタイムに修正を施した後半は持ち直したが、73分にセットプレーから奪われたゴールが決勝点となって敗れた。相手に攻められる場面でも最終ラインで耐えることができていただけに、痛い失点だった。森岡監督は「ボールを奪ってから、自分たちで保持することができなかった」と攻撃面の反省点を述べている。守備面は継続して戦えているだけに、そこから攻撃に転じた際の判断や精度は、今節も重要なポイントになるだろう。

G大阪ユースは今季から宮本恒靖監督が就任。4-3-3を基本布陣として、ボールを持ちながらサイドを広く使う攻撃を仕掛けてくる。先週のJ3リーグでは得点も決めているFW食野亮太郎はトップチーム昇格が決定。同じくJ3のガンバ大阪U-23に出場経験のあるFW松本歩夢らを要する3トップは強力だ。MF日根野達海(3年生/立命館宇治高等学校)は「相手はポゼッションが上手い。プレスに行くところ、行かないところの判断をしっかりして、それを声で味方に伝えていきたい」と守備のポイントを話す。技術のある相手に対して闇雲に前からプレッシャーを掛けても、そこでかわされてしまうと後方が手薄となる。前からボールを奪いにいく積極性は持ちつつ、時には自陣で構えて相手の攻撃を受け止めることも必要だ。相手や味方、ボールの状況をしっかりと見て、最適な判断を下すことが求められる。


その上で、どのような攻撃を仕掛けられるかだ。相手は強力なアタッカーを擁するが、京都にも優れた選手がいる。MF島村拓弥(3年生/立命館宇治高等学校)はトップチームの練習試合でもキレのあるドリブルを見せ、得点も決めている。負傷者や日本代表選出により中盤が手薄となっている今、彼に掛かる期待は大きい。強敵相手に、どのような形でチームに貢献できるのか、注目が集まる。またFW津野絢世(1年生/京都翔英高等学校)は、インドでAFC U-16選手権を戦っているチームメイト2人(福岡慎平・上月壮一郎)の活躍に刺激を受けている。津野は大会直前のU-16日本代表・鹿児島合宿に召集されながら、体調不良でチームを離脱。代表に残れなかった悔しさを味わったが「(福岡)慎平が『一緒に世界へ行こう』と約束してくれた。あいつらが世界大会への出場権を獲得してくれることを信じているし、自分は世界大会へ向けた代表合宿に呼んでもらえるような活躍をサンガで見せたい」と意欲を燃やす。


また、指揮官同時の対峙にも視線が注がれる。京都U-18の森岡監督とG大阪ユースの宮本監督は、2002年の日韓ワールドカップで日本代表として共に戦ったチームメイトだ。当時のフィリップ・トルシエ監督の下、“フラット3”と呼ばれた最終ラインを統率するDFとしてポジションを争い、大会初戦のベルギー戦には森岡監督がキャプテンマークを巻いてスタメンに名を連ねるも、後半26分に無念の負傷交代。交代で最終ラインの統率と腕章を託されたのが宮本監督だった。あれから14年、指導者として合間見えた5月上旬の初戦は3-1でガンバ大阪ユースに軍配が上がっている。5月下旬のクラブユース予選では4-1と快勝したが、相手がメンバーを落としていたことは考慮すべきだろう。3度目の対戦となる今節、進化が問われることになる。ガンバ大阪ユースとの試合は9月25日(日)17時からサンガタウン城陽で行われる。
[文:雨堤俊祐]

■高円宮杯U-18サッカーリーグ2016 プレミアリーグ ウエスト 第14節
日時
9月25日(日)17:00キックオフ
対戦 ガンバ大阪ユース
会場 京都サンガF.C.東城陽グラウンド(Aグラウンド)
[アクセス]http://www.sanga-fc.jp/game/sanga_town/index/

この記事をシェアする