ニュース

2015.08.21
U-15

【アカデミー日記】サンガU-15 充実のドイツ遠征

現在中学3年生が行っているドイツ遠征ですが、チームは約1週間の遠征を終え、本日、日本へ帰国します。

遠征終盤には、ドイツ3部のFC Kray U-17、ドイツ2部のBonner SCと試合を行いました。
FC Kray U-17戦では、クラブユースでチーム最多得点の7ゴールをあげた服部航平選手が、4得点をマークし、8-0での勝利に貢献。
また、Bonner SC戦では、前半を2-2で折り返すも、後半に追加点を奪い、3-2での勝利。
ドイツ遠征での練習試合では、しっかり得点を奪って勝利を掴み取り、そしてチームとしてクラブユースの悔しさを、みんなで次のステップへ繋ごう!!と思えた気持ちは何より価値あるものになったと思います。
世界大会のイギリスとはまた違った、ドイツの文化。選手たちは私生活から、そして観光や現地の人との交流の中で、また新しい何かを感じたに違いありません。この経験をまた次のステージへ活かして欲しいと思います。
最後になりましたが、現地でお世話になりましたコーディネーターをはじめとする関係者の皆さま、ありがとうございました。

この記事をシェアする