ニュース

2010.02.15
U-15

【U-15】JFAプレミアカップ2010(京都クラブ連盟予選)決勝トーナメント 決勝 vs.宇治FC 試合結果のお知らせ

2月14日(日)にJFAプレミアカップ2010(京都クラブ連盟予選)決勝が、太陽が丘球技場Bで行われました。京都サンガF.C.U-15は3-0で宇治FCに勝利し、優勝で大会を終えました。

この大会は8月の世界大会まで続く大きな大会です。世界大会の出場キップをとるには、これから、京都府大会(2月下旬)、関西大会(3月)、全国大会(5月)のハードルを越えていかなければなりません。国内大会はすべてU-14となっており、いわば中学1年生から「京都府予選」を戦い抜き、中学2年生になる直前の「関西大会」を経て、中学2年生として「全国大会」に出場します。京都サンガF.C.U-15に入団してから初めての大きな公式戦となり、1年間の練習の成果を発揮し、成長した姿を披露する絶好の機会です。

過去、京都サンガF.C.U-15は「JFAプレミアカップ全国大会」において、準優勝 1回と3位 2回という成績を残していますが、ここ2年間「全国大会」まで進めていません。好調な京都クラブ連盟予選の戦いぶりを観ていると、「全国大会」での活躍へ期待が膨らみますが・・・まだまだ「全国大会」までの道のりはこれからです。選手のみなさん!さらなる上を目指し、これからも頑張ってくださいね。

また、大勢の保護者の方々が太陽ヶ丘まで応援に駆けつけてくださいました。本当にありがとうございました。心から感謝申し上げます。


■日時:
2010年2月14日(日)

■会場:
太陽が丘 球技場B

■対戦相手:
宇治FC

■結果:
京都サンガF.C.U-15 3-0 宇治FC

■得点者:
岩井、坂本、石岡

※この結果により、優勝となりました。
キックオフ前の整列。
レフリーとの握手でフェアプレイの精神を確認。
試合前の入念なウォーミングアップを開始!
相手3人に囲まれながらも突破に挑む!岩元選手。
1ゴールの活躍した坂本選手のサイド突破からの攻撃。
ヘディングシュート!バーを直撃Noゴール・・大西選手。
DFの要、平山選手と守護神の若原選手は守備陣の中心選手。

この記事をシェアする