ニュース

2016.02.01
トップチーム

【東日本大震災復興支援】日本プロサッカー選手会 チャリティーオークション(第八弾)を開始

日本プロサッカー選手会(JPFA)は、東日本大震災復興支援活動として、チャリティーオークションの第八弾が2016年2月1日(月)から実施されました。

継続した復興支援活動の大切さと、賛同の輪が広がってくれることを願っております。
皆さまのご理解とご支援、よろしくお願い申し上げます。

東日本大震災復興支援 日本プロサッカー選手会 チャリティーオークション
■開催日時
【第八弾】2016年2 月1日(月)~2月7日(日)

■参加内容
●山口智 選手サイン入りスパイク
●2015京都サンガF.C.選手サイン入りユニホーム
出品(参加)は、2015シーズンに京都サンガF.C.に在籍した選手を対象に行われたものになります。

▼オークションサイト

http://reuse.yahoo.co.jp/archives/charity_jpfa.html

■売上金について
チャリティーオクションの売上は、2015年12月に岩手県、宮城県、福島県で開催する「ふれあい活動」の原資となるほか、「J100年基金」にまとめられ、今後も開催していく被災地での復興支援活動に活用いたします。

■J100年基金
一 般社団法人日本プロサッカー選手会が、2011年5月30日に、東日本大震災被災地の支援や今後起こり得る自然災害に備えるために設立した基金です。選手 会所属選手からの義援金やチャリティーオークションの売り上げを原資とし、被災地でのサッカー教室などを実施し、現在も継続した活動を行っています。

この記事をシェアする