ニュース

2015.10.30
試合情報

【明治安田J2第39節vs.北九州プレビュー】勝利にこだわり、北九州から勝点3を持ち帰る!

前節のサンガは風の影響を受ける難しい試合の中、首位の大宮を相手に、序盤に山瀬の得点で先制しゲームをコントロール。大宮の得点源・ムルジャに同点弾を許すものの、後半も伊藤の得点で先手をとった。だが、大宮のキーマン・家長に得点を許して追いつかれ、勝点1を分け合った。この結果、サンガは9戦連続ドローとなり、J2記録を更新。この試合でサンガは大宮の倍以上となる14本のシュートを打ち、ゴールを奪う気持ちをピッチで見せた。試合後、石丸監督は「あとはフィニッシュのところをやっていきたい」とコメント。残り4試合で結果につなげる。

対戦する北九州は柱谷監督の下、16勝4分18敗。ここ5試合の戦績は3勝2敗で2連勝中。前節は10/26(月)に金沢と戦い、4-0で完封勝利を収め、9位に順位を上げている。この試合ではMF小手川がハットトリックを達成。前線の小松が2試合連続ゴールで今季14得点をマーク。2トップを組む原も今季12得点を挙げており、今節古巣相手の対戦でゴールを狙っている。同じく古巣対戦となるMF内藤は今季ケガで出遅れたものの、前々節の愛媛戦で出場を果たし、原、小松との連携から先制ゴールを決めてチームの勝利に貢献している。

これまでの対戦成績はサンガの4勝2分3敗。今節、ホームでの勝利を目指す北九州。前回京都のホームでは、バヤリッツァと宮吉の得点でサンガが完封勝利を収めている。今節の対戦を前に駒井は「原さんは一瞬のスキをついてゴールを奪ってくるので気が抜けないが、自分たちも負けられない。洋平君(内藤選手)もうまい選手だし、お互いに成長している姿をピッチで見せ合いたい」と元チームメイトとのバトルを楽しみにする。

今週のサンガは大宮戦翌日に奈良クラブと練習試合を行い、石田が2ゴール1アシストしたのをはじめ、永島、荻野も得点でアピール。一日一日プレーを磨く若手選手たちの残り試合へ向けてのアピールも続く。

守護神の清水は「(前節は)自分たちより順位が下の大分や岐阜も勝っている。どうにかして勝点3をつかまないといけない」と危機感を口にしながらも「首位相手にいい攻撃がたくさんあった。自分は攻撃陣の得点を信じているし、これを続けて、しっかり決めきることができれば。北九州はJFL時代に在籍したこともあるし、楽しみな部分もあるが、とにかく勝点3が大事」と、勝利に向けて集中する。

多くのチャンスを作り、手応えをつかむサンガ。
フィニッシュへ結び付け、北九州から勝点3を持ち帰りたい。

 2015明治安田生命J2リーグ第39節
日時
11月1日(日) 14:00キックオフ
対戦 ギラヴァンツ北九州 vs. 京都サンガF.C.
会場 「北九州市立本城陸上競技場」
【アクセス】  http://www.giravanz.jp/stadium/
リーグ戦は残り4試合。京都の未来のために、勝点3を必ず持ち帰る!
北九州との前回対戦では今季初ゴールを決め、チームを勝利へ導いている宮吉をはじめ、攻撃陣の奮起に期待したい。
ここ3試合フル出場を続ける金南一。正念場の戦いを乗り越えるためには経験豊富なベテランの力は欠かせない。

この記事をシェアする