ニュース

2015.07.03
試合情報

【明治安田J2第21節vs.岡山プレビュー】前半戦を締める試合。アウェイ連勝を飾り、リーグ折り返しへ!

前節、今シーズン初めての逆転勝利を飾り、アウェイで2位・金沢を相手に連敗をストップした。サンガはスタメンを5人入れ替えて挑み、新しく入った選手たちがしっかりと期待に応えた。早い切り替えでボールを動かし、アグレッシブにプレー。序盤の失点を跳ねのけ、3-1で逆転勝利した。中盤にはケガから金南一が復帰。最終ラインにはバヤリッツァが出場停止明けで出場し、守備意識高くプレー。まずは25分、黄辰成のアシストで得たPKを大黒が同点弾。32分には、佐々木のクロスに抜け出した大黒がヘッドで逆転弾。そして、43分の佐々木のゴールがダメ押しとなった。

この勝利がきっかけとなり、今週、チームはいい雰囲気でトレーニングに励み、準備が進んだ。「勝てる試合ではミスがあっても次という前向きな雰囲気がある」(内田)、「自信を持ってやれたし、やられる感じがしなかった」(菅沼)と語るように、勝利へとつながる正のムードで連勝を狙い、今節も敵地から勝点3を持ち帰りたい。

今節対戦するのは、ファジアーノ岡山。昨シーズンは15勝16分11敗で8位の成績。今シーズンは、コーチから就任した長澤監督が指揮を執り、積み上げてきたスタイルを継続。J1昇格を目指し、ここまで6勝8分6敗で、勝点26で13位につけており、前節の北九州戦を2-0で制し、4試合ぶりに勝利を挙げている。試合後にはMF矢島が、リオ五輪を目指すU-22日本代表に合流。コスタリカ戦で後半16分に3人目の交代で出場すると、FKのキッカーも任され、大舞台の経験を積んだ。最終ラインでは、キャプテンで元日本代表DFの岩政、加地が経験豊富なプレーで立ちはだかる。

昨シーズンの対戦成績は1勝1分で、サンガは負けていない。敵地では、1点ビハインドの89分に大黒が執念の同点弾、そして、90+2分に逆転弾を叩き込み、チームを救う働きで勝点3をもぎ取った。今節も期待されるエースの働き。大黒は前節の2得点で今シーズン10得点となり、2ケタ得点を達成。後半戦に向けても大いに期待が高まる。

また、大黒とのコンビネーションが期待されるダニエル ロビーニョが今週入籍を発表。今週の練習試合(vs.大阪学院大学)では、宮吉とともに得点をマークしており、「チームを勝利に導くゴールを決めたい」と気合いが入っている。

そして、今週のトレーニングで一際、活気に満ちたプレーを見せていたのが佐々木。前節、サンガ移籍後初ゴールをマーク。「数字で結果を出せたのが一番大きい」と、自身およそ4年ぶりとなるJリーグでのゴールに笑顔があふれた。今節に向けても「ゴール、アシストという形で示したい」と語り、結果につながるプレーでチームの信頼を得る。

そして、キーパーの山田がU-22日本代表から戻ってきた。試合出場はなかったものの、日本代表の一員として多くのことを体感し、刺激を受けた。サンガの守護神として、より高い意識で目の前の一戦に挑む。

和田監督は、「我々は簡単に負けるわけにはいかない」と、この一戦へチーム全員を引き締める。現在15位のサンガは、勝点を着実に積み重ね、1歩1歩昇っていく。


******************************************************************************
2015明治安田生命J2リーグ第21節
日時
7月4日(土)19:00キックオフ
対戦 ファジアーノ岡山 vs. 京都サンガF.C.
会場 シティライトスタジアム
《アクセス》 http://www.fagiano-okayama.com/stadium/stadium.html
好調を維持している佐々木。前節のサンガ初ゴールに続く“ドリブラー”の活躍が期待される。
2試合連続スタメンへ、気持ちを高めている黄辰成。「チャンスがあればどんどん仕掛けていきたい」と意欲を語る。
昨年のアウェイ岡山戦では勝利に導く劇的ゴールを決めている大黒。相性のいい相手から明日もゴールを奪ってみせる!

この記事をシェアする