ニュース

2015.03.20
試合情報

【明治安田J2第3節vs.大宮プレビュー】強敵との連戦。勝って勢いをつける!

サンガは前節、J1昇格を争う強力なライバルである磐田に0ー2で敗れた。ホーム開幕戦を白星で飾れず悔しい思いをさせられたのは確かだが、それでも収穫はあった。

ゴールを許したアダイウトン、前線の起点として存在感を示した元イングランド代表FWのジェイには劣勢を強いられたが、彼らはJ1でも脅威になれるほどの能力の持ち主だ。完璧に沈黙させるのはどのチームにとっても容易ではない。和田昌裕監督が「前半、2回のピンチで、確実にゴールをしてくるジュビロさんの質の高さを目の当たりにしました」と話したように、相手の飛び抜けた個のクオリティを認めるしかない時もある。

ただ、駒野友一、伊野波雅彦、松井大輔など日本代表に何度も名を連ねてきた実力者を擁するタレント軍団を相手にして、前後半でシュート数をわずか5本に抑えることができた。それはプラス材料と捉えるべきだろう。とりわけ金南一はまだ加入して間もないにもかかわらず、すでに中盤の要として安定したプレーを披露している。ピンチになりそうな局面では危険な場所にいち早く顔を出し、事故を未然に防いでいる。そして攻撃に転化した際には、つなぎ役として波のないパフォーマンスを見せており、さすがは韓国代表を長年支えてきた実力者というところを見せている。また、千葉から加入した山口智もベテランらしい落ち着いた所作でDFラインをうまく統率している。バヤリッツァとの関係性も良好で、時間をかけていけばさらに強固な守備組織が構築されそうな雰囲気を漂わせている。

攻撃面では、磐田の厳しいプレッシングに手を焼かされたのは事実だが、それでもチームとして取り組んでいるサイドからのチャンスメイクに関しては一定の手応えは得られた。指揮官の目指すサッカーの精度を上げていけば結果は自ずとついてくるはずだ。

サンガが次に対戦するのは、これまたJ1昇格有力組と見られている大宮だ。磐田と同じくJ1でも十分に通用する戦力を有するチームであり、新チームになったばかりのサンガにとっては高い壁だ。

指揮官が「一人ひとりのレベルが高い。1対1で負けないことはもちろん、まずは守備の意識をしっかり持つこと。磐田とは少し違う形でしっかりと4-4-2のブロックを組んでくるが、攻撃では勇気をもってボールを入れていくことが重要になるし、そのあたりは選手にも強調している」と警戒すれば、ダニエル・ロビーニョも「ビデオで見たが、非常にいいチーム」と気を引き締める。

ただ、今の大宮は万全の状態とは言いがたい。チームの大黒柱であり、攻撃の全てを司るといっても過言ではない家長昭博は右膝窩筋損傷により離脱中。また、個の力で違いを生み出せるムルジャも前節のC大阪戦を欠場しており、サンガ戦にも間に合わない可能性があるという。家長不在の中、もしムルジャもいないとなれば、大宮にとっては非常に痛い戦力ダウンとなるだろう。

しかし、それでも大宮が難敵であることに変わりはない。昨年、J1の舞台でブレークした泉澤仁という強烈なドリブラーを擁し、曲者の播戸竜二も新たに加わった。また、昨季までサンガに所属した横谷繁もいる。サンガは気を抜いたら一瞬でやられてしまう。

今は一戦一戦の経験が、チームの血となり肉となる。強敵との戦いとなればなおさらだ。アウェイの地でライバルを叩くことができれば、上位を目指す上で大きな自信につながるのは間違いない。

*****************************************************************************
2015明治安田生命J2リーグ 第3節
日時 3月21日(土)17:00キックオフ
対戦 大宮アルディージャ vs. 京都サンガF.C.
会場 NACK5スタジアム大宮
【アクセス】http://www.ardija.co.jp/ticket/stadium.html
前節磐田戦ではゲームの流れを変える働きを見せたダニエルロビーニョ。「自分が合わせていければもっとボールは出てくる」とチームメイトに信頼を寄せるコメント。
練習試合でもゴールを決めるなどアピールを続ける宮吉。“帰ってきたミヤ”の活躍に期待!
前節スタメン出場を果たした有田。激しいポジション争いに挑んでいる。

この記事をシェアする