ニュース

2015.02.23
トップチーム

2015鹿児島キャンプレポート(13日目※最終日)

2月22日(日)、13日間にわたる鹿児島国分キャンプもいよいよ最終日を迎えました。

キャンプ総仕上げとなるこの日は、キャンプ5試合目となる練習試合・サンフレッチェ広島戦が宮崎シーガイアリゾートにて行われました。



また、この試合にはU-22日本代表の手倉森誠監督が視察に訪れており、試合前には和田監督、原川選手、杉本選手と談笑するシーンも見られました。







2試合形式(45分×4本)で行われたこの試合。

1試合目、元サンガのドウグラス選手や水本選手が先発する広島に対して、前半4分、大黒選手が鮮やかなミドルシュートを決めてサンガが先制!その後も清水選手、山口選手、バヤリッツァ選手を中心とした守備陣が最後まで粘り強く体を張り、1-0で勝利を収めました。

続けて行われた2試合目。メンバーを入れ替えて臨む中、三根選手がゴールを決めるも広島に4失点を喫し、1-4の敗戦。

























鹿児島キャンプもこの日で打ち上げ。

試合後、和田監督は「(広島戦を振り返って)立ち上がりから積極的にボールを奪いに行き、大黒が早い時間帯にしっかり得点をとって、(後半は)押されながらも集中して失点ゼロに抑えることができたことは良かったと思います。後半については相手も得点をとりにきたなかで、我々も守備を固めて突き放すチャンスを狙っていましたが、なかなか追加点には至りませんでした。ただ、このキャンプで取り組んできた、しっかりとした守備からの早い攻撃は5試合のなかでも出せたと思います。」と広島戦を振り返りました。

また、鹿児島での13日間について、「キャンプを通じてチームは成長していると思います。開幕までに選手に自信をもたすことが私の仕事ですし、まだ2週間ありますので、このキャンプでやれなかったこと、さらに修正しないといけないこと、プレーの精度をあげていくことなど、まだまだやれることはたくさんあると思っていますので、開幕までの時間を有効に使って取り組んでいきたいと思います。」と総括しました。

最後に、今回の鹿児島国分キャンプ実施にあたり、ご協力を頂きました鹿児島県、鹿児島市、霧島市、ホテル京セラをはじめとする多くの関係者の皆さまに御礼を申し上げます。 

============================================================
2月10日(火)から22日(日)まで行われました鹿児島キャンプの模様は公式サイトに加えて、公式モバイルサイト公式ツイッター公式フェイスブックでもご覧頂けますので、ぜひあわせてチェックしてください!



この記事をシェアする