ニュース

2010.08.13
トップチーム

京都サンガF.C.での禁止行為に対する処分について

平素より京都サンガF.C.へご声援をいただき、誠にありがとうございます。

さて、8月7日(土)の西京極陸上競技場にて開催いたしました2010 J1リーグ戦 第17節 京都サンガF.C.vsアルビレックス新潟戦において、ホームゴール裏スタンドよりペットボトルの投げ込みとペットボトルを人の顔に投げつける行為、そして一般サポーターとの乱闘行為がございました。

京都サンガF.C.では西京極にご来場される皆様が気持ちよく、楽しい時間を過ごせるように努力して参りましたが、今回このようなスタジアムの安全と秩序を乱す騒動が起きてしまいましたことを深くお詫び申し上げます。

フィールドへの物の投げ込みや暴力行為は「Jリーグ共通観戦マナー」において禁止行為と明確に定められており、スタジアム内の安全や秩序を乱すものであり、決して許されるものではありません。

京都サンガF.C.では、今回の事案を引き起こしたサポーターグループが過去にもトラブルを起こし、リーダーに対しても厳重注意を行ったにも関わらず、再度このような行為に至ったことから、事態の改善が見られないと判断し、そのサポーターグループに対し「京都サンガF.C.が出場する試合会場への無期限の入場禁止」と「京都サンガF.C.が関わる場所における無期限の活動禁止処分」(活動とは横断幕の掲出、フラッグの掲出・使用、応援の統率、当該サポーターグループと判断できる服装、装飾品を身につけての来場を含めた団体活動のすべて)を決定し、通告いたしましたことをご報告させていただきます。

また、8月7日の新潟戦において上記のグループ以外にも物やペットボトルを投げ込んだ者に対しても特定出来次第、処分を行って参ります。そして乱闘のきっかけとなる原因を作り出した者に対しても特定して行きたいと思います。少しの情報でも構いませんのでクラブにご連絡お願い申し上げます。

京都サンガF.C.ではJリーグの『試合実施時におけるセキュリティは、究極の観客サービスである』というスローガンのもと、安全理念を掲げ、世界に誇れる安全で快適なスタジアム環境を確立できるよう努めております。
スタジアムに訪れた全ての方がJリーグおよび各クラブが定めております観戦ルールやマナーを遵守し、安全に観戦できることがJリーグ、クラブの発展につながると考えております。是非とも皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。
そして、これからも京都サンガF.C.への温かいご声援をよろしくお願い申し上げます。

株式会社京都パープルサンガ
Tel:0774-55-7602
Mail:otoiawase@kyotosanga.jp



この記事をシェアする