ニュース

2014.05.10
トップチーム

ショウゴ、ソースの香り

恒例のブラジル式誕生祝い。

サンガ日記でもご紹介したように、今回のターゲットはショウゴとタムでした!

58日、練習が終わると、せっせと準備を進める仕掛け人の選手たち。

待ちかねたさんぺいが、ショウゴとタムを呼びます。

 

隠すこともなく、小麦粉やソースを手に襲い掛かる?選手たち。


この時の感想をショウゴは、こう語りました。

「祝い方がだんだん雑になってきてる気がするんですけど・・・、うれしかったです!

もう、誰にやられたのか、わかんないです。

去年はこういうことやってもらえなかったし、初めて。やるよりやられるほうがやっぱりうれしかった!」。

 

どんな一年にしたいかを聞くと、

「今年はもちろん、試合に出られるように頑張りたい。プロとしてそろそろ結果を出さないといけない歳なので。讃岐戦は、もっと積極的にいけばよかったっていう後悔が残った。もっとできると思うし、あれから練習で仕掛けるようになった。クロスをシンプルに入れたり、何かして終わろうという意識でやっています」。

 

誕生日の予定を聞いてみると、

「みんなでご飯に行くくらい。誕生日っていっても、この歳になったら、もういつも通りです」と22歳になったショウゴは語るのでした。

 

そして、

「シャワーでよく洗ったんですけど、まだ、ふとソースのにおいがする」と言って、なんだか嬉しそうに帰っていきました。

この記事をシェアする